映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年05月06日

「SWEET SIXTEEN」(スイート・シックスティーン)ケン・ローチ

XB[gVbNXeB[.jpg
スイート・シックスティーン

えと、今「SWEET SIXTEEN 」を観終わったとこで、普通なら考えまとめて次の日に書いたりするんだけど、ちょっとこれに限っては一日置きたくなくてまとまらないまま書き飛ばしている。
ていうのは、この作品の主人公リアムが可愛くて泣きたくてしょうがなくなってしまったからで一日気持ちをほったらかしに出来なかったからなんだけど。
一応これは社会派映画ということで貧しく環境も整わない家庭で成長する少年の姿を描き、恵まれない少年にも学習と就業の機会を与えてと社会に告発する目的があるらしく勿論その役目は充分に果たしているんだけど、私が感じたのは別にリアムが貧しい家庭の少年という枠だけでなく多くの少年少女の心にある反発心、孤独感といったものを体現しているということなのだ。
この感覚は同じく社会派と言われるアラン・パーカーの「ミッドナイトエクスプレス」や「バーディ」を観た時に感じたものと同じだと思う。社会的問題を訴えた映画といわれて観ていても自分が見ていたのは孤独な心で強い抑圧と戦い傷つく若者の姿で、それは「そこでの問題」ということでなく普遍的な少年期の成長の為の戦いなんだと思えた。
本作でのリアム少年のなんて魅力的なことか。大人になろうと無理に背伸びし悪ぶって見せる。
家族を愛し、うまく行くようにと取り計らう。でも本当はまだ幼くてお母さんに甘えたくてしょうがない子供なんだ。
まだ子供で母や姉の本当の姿に気づかず勘違い、無理強いをしてしまい逆に人を傷つけてしまう。まだ取り繕う事の出来ない魂はむき出しで怖ろしい世間の刃に当たって血を流しひりひりと痛む。
思わず抱きしめて、いいんだよ、君が悪いんじゃないんだ、と慰めてやりたくなる(無論この状況でこの言葉が正しいかどうかはわからないが)
それはリアムを演じた殆ど素人と言っていいマーチン・コムストンの魅力そのものなんだろうけど。本当にリアムはそこで動き話しているのであってマーチンと言う少年が演じているのか彼がリアムその人なのか自分にはわからなくなってくるほどなのだ。
それほど私にはリアムが可愛くてしょうがなくなってしまった。

リアムが愛する母と姉の姿のリアルさはどうだろう。いくらリアムが求めても母親が欲しているのはリアムではないという事実。
そして姉はすべてを知っていた。子供のリアムにはまだ判らないのだ。それが愛おしく切ない。

リアムが親友ピンボールをどうしたか、はっきりとは描かれていない。勿論リアムがピンボールを殺すわけはない。
絶対に私は信じる。

この後、リアムが強く生きていけるように。ピンボールとまた仲良くやっていけるように。
お姉さんとは仲直りして。お母さんとは距離を置いて仲良くして。
そう願うし、そうなると信じている。

涙愚者愚者(ぐしゃぐしゃって変換したらこうなった。まさに私のこと!)で書いちまってしょうがないなあ。

監督:ケン・ローチ(この一作で愛してしまった)
出演:マーチン・コムストン(この一作で愛してしまった)
ウィリアム・ルアン、アンマリー・フルトン
2002年イギリス・ドイツ・スペイン

posted by フェイユイ at 23:38| Comment(12) | TrackBack(1) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フェイユイさん!・・私もこの作品、名画座で発見してから気になって気になってしょうがなかったのです。でもまだ観ていないのです!早く観ろって話^^;
だからフェイユイさんの文も上から五行目までしか、読んでないのです!(笑)
今一番下の段が目に入ったら、相当な感想のご様子☆・・観たら、読みます〜☆(この男の子、カワイイですよね!・今現在は見た目だけで^^;)
Posted by フラン at 2007年05月07日 08:20
フェイユイさん、こんにちは。
私は「黄金甲」のジェイを見て、この映画を思い出していたんです。
映画自体に共通項はないのですけれど…母を思う息子の気持ちが
切ないですよね。
Posted by じえるな at 2007年05月07日 12:43
>フランさん
もうすぐ観る予定ですね?(笑)
ではここでは何も書かないことにしますね。観たら是非感想教えてくださいな。また語り合いましょう!

>じえるなさん
えええっ!
そうでしたかー!なんだか感動だなあ。私ももう一度見直さなきゃ、「黄金甲」
じえるなさんはそう思って観てたんですねー、いいなあ。じーんとしちゃいました。
Posted by フェイユイ at 2007年05月07日 14:49
フェイユイさん、こんばんわ。
この名作を相当気に入ってくださったようで、ケン・ローチ監督好きな私としても嬉しいです。ちなみに『SWEET SIXTEEN』、劇場で初めて観たときは、あまりにリアルに痛みが突き刺さり過ぎて涙さえ出なかった私です…が。次は是非ともオムニバス映画『明日へのチケット』をどうぞ(笑)。エルマンノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチによる競作で、ラストのエピソードがケンのパートです。そこで、ちょっと成長したけど相変わらずバカで可愛いリアム&ピンボールと再会できます^^ 実は私は、にんじん赤毛なピンボール@ウィリアム・ルアン君が割とタイプだったりするのでした。彼は『麦の穂を〜』にもチラッと出てます。
Posted by shito at 2007年05月08日 00:03
こんにちは、shitoさん。
私も観てる時は泣かなくて涙ぐしゃぐしゃは感想書いてる時です(笑)
しかしこういうのばかり好きになってますね、私は(笑)

「明日へのチケット」!!昨日だか知って一人バタバタしてました。ありがとうございます。これは観ねばですね。
「麦の穂」にピンボールが出てたとはー。見る順番めちゃくちゃだから駄目ですねー。
この二人組み、いいなあ。二人とも好きです〜。
Posted by フェイユイ at 2007年05月08日 18:34
フェイユイさま、こんにちは。私もこの作品、ぐしゃぐしゃでした。
リアムが素晴らしかったですね。これを観てから『明日へのチケット』観ていたら、思い入れも違っていたのだろうな・・と思いました。
(最初から泣いていたりして・・)
ケン・ローチ、私はこの一作で「心の父」になりました。
ではでは。
Posted by 真紅 at 2007年06月11日 14:06
真紅さん、こんばんは。
衝撃でした。本文にも書いてるようにこの一作のみで自分にとっての最愛の監督の一人になりました。
私は本作→「明日へのチケット」だったので本当に思い入れ激しかったです。

残念なのは彼の映画でDVD化されたものが少ししかないということですね。もっと観たいです!!どこか出してくれないかな〜。
Posted by フェイユイ at 2007年06月11日 20:11
やっっ・・と☆観ましたー!^^;
ラストシーン、古典的に有名なフランソワ・トリュフォーの『大人は判ってくれない』に似ているなと感じました。私はトリュフォのそれは未見なので何ともいえませんが、きっと言いたいことが被る部分あるのだろうなぁと想像しました。
リアム役のマーチン、物語冒頭では幼さを感じるのに終盤では大人の男の貌になっている所が泣けます。大人に成らざるを得ない状況、でも中身は本当はまだ子供。子供に当然たくさん与えられるべき愛情が、リアムには足りてないのですよね。・・なんですかあの大人達は!酷いー、酷すぎます!!その理由は数々あるでしょうがそれよりも、私が一番心に残ったのは、あんなに酷い母親なのにその母親を軽蔑もせずにあんなに愛しているリアム少年の心理☆です。
男の子というのはかくも母親に優しいものなのか。これは例え表面は反抗しているような子であっても例え歳をとっても、核は一緒なのか。つまりそれ程母親というのは男の子にとって絶対的なものなのか・・??このはてなマークが観てるあいだじゅう果てしなく浮かび(笑)。つまり監督も男性ですから、きっと“そう”なのでしょうね。
私は女だし兄弟に男の子いませんでしたしわからない、その感情。作中のリアムの姉も悟ってましたね。突き放して現実的に母親をみてました。オンナはオンナにキビシイから(笑)そしてこれが例えば異性である父親がもしダメ親であって、その為に傷つけられたりした時に、女の子はそれでも父を許すでしょうか。私は女って父でも母でも許さないと思う(笑)。リアリストですよね。・・だから、男の子と母親の間には、なにか私達オンナにはわからないもの☆があるのだろうな〜と。。。そんなことを強く感じた次第です。
あちこち参考に覗いて情報収集しましたら、なんと少年役二人は『明日へのチケット』にも出演とか。ピンボール君はすぐそうと判ったのですが、マーチン、お顔変わりましたね〜(++)この隣の子もですか!そして多分この太めの眼鏡の子もあのピザ屋にいませんでしたか?・・明日『明日へのチケット』借りてきます。それにしてもマーチン・・美少年なんだけど『明日・』では変貌しているのでしょうか^^;男の子の美貌の時期って限られていて哀しいですよね。。;;
Posted by フラン at 2007年11月05日 17:14
『大人は判ってくれない』もいいですね!観たくなってきました(笑)ん、これを未見なのですか?
いつも分析をしたがる私がこの映画に関してはできずにやたらと感情だけぶつけて書いています。でもこれ以上に分析する必要はない作品だと思いました。
私は弟も息子もいるのでわりとすんなり観てました。やっぱり母親とむすこは結構つながり深いものがあるのではないでしょうか。
うちの息子も姉とは比べものにならないほど甘えん坊でしょっちゅうお母さんと呼んでばかりでうるさいです。こんなに優しくしてくれるかどうかは判りませんが(笑)。姉はやっぱりしっかりしてますね。この映画と同じ感じです。
『明日への』(この先予備知識入れたくなければ読まなくていいですが(笑))
・・・・・・・
大丈夫だと思いますよー。私はあっちでよけいに好きになりました。
Posted by フェイユイ at 2007年11月06日 00:09
いいなあ◎弟に息子さん!(笑)かつて私の人生において十代の男の子が家の中に生活していたという体験がないですし(笑)おまけに父が早くに亡くなり母子家庭、現在も夫留守がちで一人娘と二人;まるで母子家庭(笑)・・ゆえに映画の中に男の子や青年の姿を追い求める日々でございます^^;〜きっと息子さんは、核に母への優しい深いものがあるのだと思います。^^
『麦穂』パンフ引っ張り出し、ゴーガン役ウィリアム・ルアンの項を見てみると“『明日・』には『SWEET・』でも共演した2人と・・3人組を演じている”とありますから、『SWEET・』にも出てましたね☆ガリー・メイトランド君。^^
Posted by フラン at 2007年11月06日 09:04
そうなんですねー。母子家庭だとフランさんも色々大変な思いもされたのでしょうね。
またそういう家庭環境というのは映画を観たりする時にも感じ方が違ってくるものなのでしょうね。

ただ弟と私は年齢が離れているので向こうが中学生の時には家を出てしまい、ちょうどこの頃の弟は知らないのでちょっと残念ですが。

確かに私としてはこの作品のような男の子を見ると息子としか思えなくて胸が切なくなってしまいます。だもんで映画を観た後息子の顔を見に行ってしまったりします(笑)

ところで弟と息子といたら2種類の男の子を知っていることになりそうですが、この叔父と甥っ子は外見も性格もそっくりであまり2種類と言う気がしません^^;遺伝子ってそういうものでしょうか。
Posted by フェイユイ at 2007年11月06日 13:19
スコットランド英語に触れたくて、この映画を観ました。

>この後、リアムが強く生きていけるように。ピンボールとまた仲良くやっていけるように。
お姉さんとは仲直りして。お母さんとは距離を置いて仲良くして。
そう願うし、そうなると信じている。

まだ、リアム自身がそう信じて、これからの人生を生きていくことが、この映画の何よりの希望なのかもしれないですね。

素晴らしい作品との出会いに感謝です。
Posted by ETCマンツーマン英会話 at 2014年09月03日 21:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

まだ始まってもいないよ〜『SWEET SIXTEEN』
Excerpt:  Happy birthday,Liam  スコットランドの田舎町に住む15歳の少年リアム(マーティン・コムストン)は学校 をドロップアウトし、兄弟同然の親友ピンボール..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2007-06-11 14:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。