映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年06月03日

「ブッチャー・ボーイ」と偏愛

ニール・ジョーダン「ブッチャー・ボーイ」観る事ができて本当によかった。ジョーダン監督作品はまだ未見のものが結構あるのだけど、今まで観た中で一番感動してしまった。他の作品も好きなのだけど、割りと「よくできている」的な落ち着いた感想での好きになり方である。
それに比べ「ブッチャー・ボーイ」は理屈抜きで揺さぶられ、記事にする時どうしても涙がこみ上げてきて困った。

他の記事の場合も好きであっても冷静に解析して好みだ、と書く時と思い切り感情移入してしまって興奮状態で書いてしまう時とある。
興奮状態で書くと何を書いてるやら自分でもとりとめがつかなくなってしまう。但しそういう時はたまらなく幸せなのである。

それにしても最近のそういう興奮状態に陥った映画というとケン・ローチの「Sweet sixteen」だとか豊田利晃の「青い春」だとか大森立嗣の「ゲルマニウムの夜」なんか思い切り偏っているのが露骨に判って恥ずかしい。いかに私が10代の少年ものに弱いのが判る。コレさえ与えれば絶対褒めるって感じだ。

というか自分的にはこんなつもりではなかった。ここに来てあー、自分って子供に弱いんだなと自覚してちょっと赤くなっている。

とはいえ、今、役者として好きなのはダニエル・クレイグなのである。まだ作品的にぞっこんというのはないが、彼自身の魅力には次第に次第に侵されていってる感じなのだ。彼の作品鑑賞はまだ半ばだし、もう少しこのときめきを感じていられると思うと嬉しい。

作品としてはガキ好み、役者としては大人好き。欲張りな自分である。(それが全てではない!と言いたいが)


posted by フェイユイ at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。