映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年06月13日

「シルヴィア」クリスティン・ジェフス

?V?????B?A.jpg

今までのダニエル・クレイグとは全然違うイメージを持った。詩人、という知性的な役は今までも教授などあったのだが、今まで観たどこか頼りないようなちょっと抜けた役ではなく女性にモテて自我をしっかり持っているタイプなのだ。髪型も黒いやや長めの髪でした(「愛の悪魔」のパンフであの長め(って普通なんだけど短髪のイメージの人だから)の黒髪が自分で凄く嫌らしい、てことだったんでこの髪型も嫌いなんだろうな。しかもこちらの特典・インタビューでは坊主頭だった(笑)よほど嫌だったのか)
ヒロイン・シルヴィアの夫で何度も浮気をするという役でいわば悪役だがシルヴィアを見てる分には同情の余地あり。

詩人の才能を持ち、夫・テッドもその才能ある彼女を愛したのだが、結婚すれば結局家事育児は女の仕事となってしまう。その上やはり才能ある詩人で色男のテッドに異常と思えるほどの嫉妬心を抱くのだが、事実その猜疑心が当たっているという笑えない的確さなのであった。
とはいえ子供がいない時もスランプを感じて詩が書けずケーキを焼く妻を見て「ケーキよりもっと創作をするんだ」と言われてた時もそれがプレッシャーになっていたのだから、シルヴィアという女性は夫が誰であってもどんな家庭になっていたとしても不幸になってしまう人だったのではないだろうか。
シルヴィアがテッドと暮らすようになったとたん詩が書けなくなり、テッドが家を出て行くと素晴らしい詩が書けるようになる、というかなり露骨な性格だが、一人きりの方が詩が書けるというのはそうであろうとも思う。孤独な中にいた方が創作できるタイプの女性だったのだろう。

結婚し仕事をする女性なら詩という芸術ではなくとも多少は彼女の苦しみに共感できる部分もあるだろう。できるならこのような結末は迎えたくはないものだが。こういう気持ちになった事がないとは言えない。実はしょっちゅうある。
だもんで暗くて情けない内容ながら身につまされてしょうがない映画ではあった。
心優しい下階の老人に郵便切手がないか聞きに行き、そのまま暫く廊下の電灯を見つめ夢を見ていた、というシルヴィアはすでにこの世に生きていないようだ。
その切手は親へ宛てたものだと言うのがその後を物語っている。

グウィネス・パルトロウは「リプリー」でも作家志望の役だったがカーディガンできゅっと体を締め付けるようにする演技がか細く頼りない雰囲気を出す。涙が溜まっているような大きな目も美しい。金色の髪が古風な感じを持つ綺麗な女性である。

風の音が耳に残る悲しい映画であった。

監督:クリスティン・ジェフズ 出演:グウィネス・パルトロウ ダニエル・クレイグ ブライス・ダナー マイケル・ガンボン
2003年イギリス

グウィネスの母親役ブライス・ダナー、グウィネスにそっくりなんでよくもまあこんなに似た母親役を見つけたな、と思ってたら本当の母娘だった。凄い美人母娘。

死後ピュリッツアー賞を取った詩人・作家である、ということなのに初めて知った名前だった。夫のテッド・ヒューズと共に有名な人だったらしい。
調べてみると彼女の死後の夫と愛人もどろどろと大変だったようだ。愛人が子供と心中という最後は悲しいものがある。


posted by フェイユイ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ダニエル・クレイグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。