映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年07月22日

「ツバル」ファイト・ヘルマー

co.jpgco@`p.jpg

登場人物たちが話すのはどこのものか解らない言語と誰でも解る簡単な言葉と名前くらい。後は偏った色調と反対に豊富な音色で物語を語っていく。どこか解らない国のどこか解らない町なのに懐かしい気持ちになってしまうような不思議な感覚。古いプールのある建物の中で外へ出て行くことができないアントンを主人公にしたファンタジーなのである。

ファンタジーといってもアントンは少年ではなく少年のような精神の結構無骨な顔の男である。言葉がないのではあるが背の高い強面の父親と太った受付嬢(といっても年配の)と古くてあちこち壊れかけたプールを経営している。
このプールは先祖代々受け継がれているらしい。
アントンには兄がいるがこれが相当怖い顔でこの古びたプールを壊してしまおうとやっきになっていてアントンを目の仇にしている。
ある日、アントンのプールに可愛い女の子がやって来てアントンは恋に落ちてしまうのだが。

というお話。この女の子が凄く可愛くてちょっとロリータ的な印象のある女性である。名前はチュルパン・ハマートヴァ。チュルパンなんて可愛い名前だなーと思って検索してたら彼女は「グッバイ、レーニン!」のロシア人のガールフレンドだった人であった。勿論彼女自身ロシア人(タタールスタン共和国人)である。「レーニン!」の時は凄く華奢な感じだったので気づかなかった。こちらではむしろふっくらした感じのまだ少女という印象である。そのままアニメのヒロインみたいである。
なにせアントンは引きこもりのオタクっぽい男なのでまあぴったしということだろう。このアントンが確かにオタクで不気味な時もあるのだが彼女の天真爛漫な可愛らしさと茶目っ気がそれを救っている。
(といっても彼女はこの時24歳で二人の子供もいるようである。驚き。)

そして主人公アントンを演じるドニ・ラヴァンの素晴らしさ。中年男と言っていい上になんだか一見いかつい顔立ちなのに少年のように可愛らしいのである。
彼が本当に少年や若者だったらこんな味わいはなかっただろう。この石造りのプールの番人として懸命に働く姿が愛らしい。
そしてそして一番素敵なのが小さな黒いサングラスのお父さんなのである。目が見えないということで騙されているという設定なのだが果たして本当に見えないのか謎なのである。
背が高くて威厳があるかっこいい老人なのだ。

とにかく映画自体徹底したオタク風味というか自分の好きなモノを追求した世界という感じで面白い。
時代も国籍も不明、あちこち崩れていく石造りの建物の中にあるプール。その水を送り込むための奇妙な機械。その機械を動かす為にはめ込まれているピストン。建物内は複雑に入り組んでいてそこに行ってみたい気にさせる。この辺の趣味は前に観たダニエル・クレイグ「ホテル・スプレンディッド」を思い出させるがあちらがちっとも可愛くなかったのに(失礼)こちらは子供のような無邪気さである。

ラストはまるで昔のアニメ映画を観てるよう。今でもそうなのかよく知らないが昔のアニメ映画って必ずこういう風に建物が崩れていってヒーローとヒロインがわーって逃げていってめでたしめでたし、だったよな。
というわけでホントにオタクのバイブルと言うが如き「ツバル」である。
私もこういう密室引きこもりオタク的要素強くてこんな古い建物好きだし思い切り楽しませてもらった。

この映画は前述のとおり殆ど台詞はないので全て想像するしかないのだが、DVDではサブタイトルで字幕を入れると監督の説明が入る。
これは実に面白いので特に自分だけのイメージで感じたいという方でないならご覧になって損はないと思う。私は何も知らなかったので「こういう説明を読みながら観るという映画」なのかと思って観てしまった。途中で「よく無声映画と言われるが」という所で気づいた。さすがにそんな映画ないよね。

“ツバル”は南太平洋上の小さな島の名前である。皆が憧れる場所、行ってみたいところという夢を表しているのだ。

監督:ファイト・ヘルマー 出演: ドニ・ラヴァン チュルパン・ハマートヴァ フィリップ・クレイ テレンス・ギレスピー カタリナ・ムルジア
1999年ドイツ


posted by フェイユイ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

理想のプール・理想の女子・理想の国家 「ツバル」
Excerpt: 朝6時半に起きて 「ツバル」を観る ・・・・外の世界を知らない純粋な青年アントンが美少女エヴァと共に夢の楽園ツバルを目指す、ラブファンタジー。らしい ええっと、そんな話題にならなかった映画なん..
Weblog: 下衆
Tracked: 2008-09-25 11:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。