映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年08月13日

「聖なる狂気」フィリップ・リドリー

C.jpg

こういうの観ると同じストーリーでも違う方向から作ると面白くなるのかもしれないのにな、と思ってしまう。

森の中に住む美しいキャリーの元に行き倒れになった若い男ダークリーが運ばれてきた。
彼は特殊な宗教感をもつ両親に育てられたらしい。性的魅力溢れるキャリーに惹かれながらもそれを表現できないでいた。
そんな何日かを過ごしている内に、キャリーの恋人であるクレイが戻ってきた。それでもキャリーはリーを家族として受け入れようとするのだが、リーの心は嫉妬で歪んで行き、キャリーを魔女だと思うようになる。

面白いと思う人も割りといるようなんで、何か変わるのか?と期待しつつ観ていったのにそのまま終わってしまったよ。
話すことができないクレイを演じたヴィゴ・モーテンセン、最後に凄まじい狂気を爆発させるブレンダン・フレイザー、色っぽいアシュレイ・ジャド、友達役のローレン・ディーンも悪くないのに物語が陳腐でつまらない。

宗教=抑圧された性、美しい女=魔女、といった常套句に辟易させられるのだ。
山岸凉子さんがマンガで描いてくれたらそれでも面白く見れたかもしれないが。
全然話は違うのだが何となく彼女の「負の暗示」を思い出してしまったのだった。特に最後の辺り。と言っても「負の暗示」のようには面白くないのだが。

ブレンダン・フレイザーはなにせ「青春の輝き」でしか知らないのだが、何故かあの映画と妙にかぶる感じもあってちょっと不気味。宗教的な雰囲気があるのだろうか。

湖に銀色の靴が流れていくという思わせぶりな映像があるのだがやはり幻想性貧困としか思えない。
深読みしたくても何も感じられない映画であった。

監督:フィリップ・リドリー 出演:ブレンダン・フレイザー アシュレイ・ジャド ヴィゴ・モーテンセン ローレン・ディーン
1995年ドイツ/イギリス


posted by フェイユイ at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰です。八日間ほど、自分及び夫実家で子供に合わせた家庭人生活してましてネットは完全離れてました・アア苦しかった(T_T)こういうことを楽しめれば楽しい主婦人生なのになといつも思う(笑)愚痴ってスイマセン^^;〜そうそうブレンダン!
とても彼は不思議な魅力があり好きなのですがこのような作品は私はフェイユイさんの評読むだけでよいかなと(笑)
『負の暗示』・・山岸涼子さんてすごい存在ですよね・この作品でも私は衝撃を受けました。「津山の三十人殺し」。恐ろしいですよね。この漫画を発端として松本清張の実録ものを覗いたりこの事件のノンフィクション読んだりしましたよ。また話がそれますが(笑)山岸さんにより私はバレエに興味を持ったり、たぶんほぼ全作品読んでるし、物凄く自分の人生に影響与えてる作家です。・・彼女の作品でいっちばん古い感動作は「ラグリマ」かな。昔のりぼん時代の「ゆうれい談」別冊付録をだいぶ長く持っていたのに、捨ててしまった〜(><)アア勿体無い!!
Posted by フラン at 2007年08月15日 20:34
主婦業お疲れ様です(笑)私はできるだけ面倒なことをサボろうとしてる所があって、いけないとは思ってるんですけど(^^ゞ

ブレンダン!じつは彼が出てると知らずこれを観てて「アレ、ドッカで見たような」と(笑)ヴィゴが出てたとも知らず借りたんですが、もしかしたら面白いのでは?と思ったらハズレでした。でも評では面白いと言ってた人も結構あったので人それぞれなのかもしれませんねー。でもお勧めはしません(-_-;)

山岸凉子さんのは面白いのが多くて。変な映画観てるよりよほど迫力あります!!
「ゆうれい談」怖かったです。大昔に読んだのにまだその恐怖が、ひえ〜。
捨ててしまったのは惜しかったですねー。
最近の映画はサイコ的なのが多いですが山岸さんのマンガのほうが凄いと思うことはよくあります。
Posted by フェイユイ at 2007年08月15日 22:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。