映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年08月22日

『ツイン・ピークス』 シーズン 1 Vol.1序章 デヴィッド・リンチ

cCEs[NX@V[YPvol.P.jpg

「ツイン・ピークス」の面白さを今更語る事もないだろうが、久し振りに観なおしてやはりその面白さは色あせる事がなかった。
というか今尚更にこのような事件、心理というのは身近なものとして感じられないだろうか。
その舞台はアメリカの田舎町である。製材工場が町の主な産業のようであり、緑豊かな自然に恵まれた環境だ。

物語はそのパッカード製材所に勤めるピート・マーテルが釣りをしようとした水辺でビニールシートに包まれた死体を見つけるところから始まる。
それは高校でも町の中でも人気者でありながら様々な秘密の顔を持つ17歳の少女・ローラ・パーマーであった。

今回は第1話を観たのだが、次々と奇妙な登場人物が現れる。といってもこれからもどんどん現れるのでここで驚いていてもしょうがない。
都会から車を駆って登場するFBI特別捜査官・デイル・クーパー(カイル・マクラクラン)からして不思議な存在である。
田舎町に巣くう異常な人々に勝るとも劣らない強い個性を持っている。樹木、ドーナツ、珈琲に強い愛着を示す。彼の個性は今後ますます発揮されていくわけでここらはまだまだ序の口なわけである。

異常な人々の中で最もまともな印象を持ちほっとさせてくれるのがトルーマン保安官である。マイケル・オントーキンがひょろりとした穏やかな保安官を魅力的に演じている。とはいえ、クーパー捜査官の超自然な手腕に絶大の信頼を置いているところはやはり変わっているのかもしれない。パッカード製材所のオーナーであり香港人のジョシー(ジョアン・チェン、後で彼女の事を知り驚いた)にぞっこんなのである。その辺も変わっているといえるのかも。

「世界で最も美しい死体」という(確か)コピーだったローラの遺体。途中で挿入される写真やビデオテープからローラがどんなに親しみやすく愛されていたかが伝わってくる。だがここですでに表向きの恋人と秘密の恋人がいること、1万ドルの所持金があったこと、ローラと共に怖ろしい体験をした少女が痛々しく傷だらけの下着姿で彷徨っていたところを保護される。秘密の恋人ジェームズと彼女の親友ドナの口からローラが聞いたものが嫌悪感を持つようなことに関わっていたことが示される。
愛娘が殺されたのだから当然ではあるが異常な反応を見せるローラの両親。冒頭部としてローラ殺害事件に大いに興味がかき立てられる。彼女の爪の奥から見つかった小さな紙片に書かれた“R”の文字の謎。大体なぜそんなとこにそんな紙片が?

高校生にしちゃ偉く色っぽい美人が続々登場するが、まあその辺はTVドラマとして当然の対策で。
クーパー捜査官が宿にするホテルの小悪魔娘オードリーの行動も気になる。
ローラの親友ドナはマイクと言う恋人がいながら、ローラの裏恋人ジェームズと恋仲になり、高校中退で暴力男の麻薬密売人レオの妻でありダブルRダイナーのウェイトレス・シェリーはローラの表向き恋人ボビーの恋人である、というややこしさ。
アダルトチームも面倒くさいので端折るが結婚していながら別恋人がいちいちいたりしてますます関係が複雑化していく。

ちなみに私は孤独なバイカー・ジェームズが好きだった。

片腕の男、丸太おばさん、片目のネイディーンらは今回はちょい役ながら誰もが謎の片鱗を見せている。

TVドラマとはいえ、デヴィッド・リンチ独特の不可思議映像は如何なく発揮されている。
拘置所で一緒になってしまった恋敵ジェームズに威嚇するボビーの吼える口はなるほど、フランシス・ベイコンのようである。

うたた寝しながら突然目を覚ましたローラの母・セーラが叫び声をあげ、ジェームズがドナと共に証拠隠滅に地面に埋めたローラとのハートのペンダントを何者かが掘り起こす所で続くとなった。
気になるではないかー!!!


posted by フェイユイ at 23:29| Comment(4) | TrackBack(0) | ツイン・ピークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近フラシス・ベイコンの画集を見直したら、かなりエグいので驚きました。リンチはベイコンの絵が好きだそうですけど。

映画版『ツインピークス』の映像はかなりエグいですね。白昼夢みたいな映像もあるし・・。
Posted by おおくぼ at 2007年08月24日 22:30
私も最近になってベイコン画集を見直したんですがもろにリンチなんで面白かったです。
あの絵からのイマジネーションとはいえ、ここまで映像化できる人はやはり少ないでしょうねー。

ベイコンは大好きとは言いませんが(笑)やはり凄いと思います。リンチのほうは掛け値なしに大好きです!!
「ツイン・ピークス」には夢中でした(^^ゞ
Posted by フェイユイ at 2007年08月24日 23:02
『美術手帖』の最新号の特集が「デビット・リンチ」です。

http://school.bijutsu.co.jp/bt/200710/

不気味で、理解しずらい絵を描く人という印象を受けました。
Posted by おおくぼ at 2007年10月08日 23:17
これは見たいですね。ありがとうございます。
画家志望だったということで映画も非常に絵画的ですね。
フランシス・ベイコンの影響をもろ受けていますがアノ絵を映画にできる人はリンチしかいないでしょう。
Posted by フェイユイ at 2007年10月08日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。