映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年11月15日

この世で最もセクシーな男性はマット・デイモン=米ピープル誌

マット・セクシー.jpg

この世で最もセクシーな男性はマット・デイモン=米ピープル誌

「少々ゆがんだ笑顔」というのがツボでついアップしてしまいました(笑)
しかしファンなのにこういっちゃなんだけどそうなんだあ驚き。
日本ではそうでもないような・・・今は結構人気上昇中なのかな?

去年はジョージ・クルーニーだったそうでこれは納得ですがセクシーじゃない所がセクシーというのがマットの魅力かも(なんなんだ)
年を重ねるごとに素敵になっていってるってことでしょうか。
「人をひきつけてやまないユーモアのセンス、心を和ませる謙虚な姿勢、家庭人としての磐石の地位などによって、デイモンは賞を受けてしかるべき人間だ」という賛辞です。セクシーってそういうことだったのね。男の色気むんむん、じゃないのだね。

ベン・アフレックも選ばれているそうなのでセクシー部門でも仲のよいことで喜ばしい。
マット自身はナショナル・フットボールリーグ(NFL)ペイトリオッツのスター選手、トム・ブレイディの方がふさわしいと謙虚に言ってるようですが。その辺もマットらしい。


posted by フェイユイ at 23:06| Comment(4) | TrackBack(1) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「少々ゆがんだ笑顔」〜アメリカの人達わかってますね〜フェイユイさんが前から云っていた目の付け所の通りではないですか!(笑)。。“最もセクシー”って、ただの男の色気ではないのですね、そういうところが大人の考えな米国。セクシーって多分日本人は履き違えているんでしょうね。
人間的なことがセクシーに繋がるのですよね。その意味で選ばれたマット☆とても誇らしいです^^vし、そんなマットを以前(やれハンサムじゃないだのジミー大西似だの、の時代^^;)から嗅ぎ分けていた私達、本物の判るオンナよね〜(笑)
シネマトゥデイで名の挙がっていたエイドリアン・グレニアーは『プラダを着た悪魔』で大注目した彼(映画館で観たとき実は自分的には彼が一番素敵だった^^;)なので、こちらも自分の“セクシー見抜き眼力”がアタッテタから嬉しい〜!^^
Posted by フラン at 2007年11月16日 08:32
私じつは「ゆがんだ笑顔」フェチでして(笑)
俳優さんってきれいにまっすぐ笑う人が多いので欲求不満だったんですがマットが解消してくれました(笑)
まあ、日本人のセクシーの好みが間違っていると言うのはおこがましいので私たちの感覚がアメリカ的だったということでしょう(^^♪
エイドリアン・グレニアーさん、うむむ、まだ知りません。お会いするの楽しみですねー。
Posted by フェイユイ at 2007年11月16日 12:47
この笑顔いいです!
最高!!!
家紋のひょうたんから
携帯の待受け、これに変えました。
今ではマットといえばデイモンになりました
(ディロンはアウトダイダー、ランブル・フィッシュの記憶のみだし。。。)
Posted by せりーぬ、 at 2007年11月16日 21:05
うれしいです〜!!
マットの笑顔はアメリカ人にしてはちょっと歪んでますがそこがまた凄い魅力なのですよねー(笑)
Posted by フェイユイ at 2007年11月16日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

今年の顔〜The Sexiest Man Alive 2007
Excerpt:  米People誌恒例、「最もセクシーな男」が発表されましたね。今年はこの方。  Matt Damon  The Sexiest Man Alive  2007 『..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2007-11-16 11:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。