映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年11月17日

『ラストデイズ』ガス・ヴァン・サント

ラストデイズ3.jpgラストデイズ2.jpg

これもまたどうにも好きになってしまう映画だった。
テーマもイメージも作り方も『ジェリー』を思わせる。

最後にサント監督が「カート・コバーンの最後の数日間に想を得た架空の物語だ」と書いているが、無論ファンでそういう映画だと聞いて観たならば様々な感慨を持つのであろう。
だが私は申し訳ないがカート・コバーンも彼のバンドである「ニルヴァーナ」も知らなかったので純粋に映画作品として観ていた。なので感想もそういう者の意見である。先日観た「ブライアン・ジョーンズ」と同じような立場だ。

『ラストデイズ』というタイトルから最後の数日を描いた作品だということはすでに判るわけだが、冒頭主人公ブレイクが服を脱いで冷たそうな川の中に入る場面からもう彼がこの世からいなくなってしまうことを予感させる。
川は死の国へと渡るためのものだし、水の中へ入ることは身を清めることになる。『僕を葬る』でも『イノセント・ラブ』でも死の前には水の風景が入ってくるものだが、本作では冒頭からもう彼は水の中に入ってしまう。
どこからか響いてくる鐘の音も聖歌隊の歌声のような声も彼の死を暗示させる。
彼は薬をやっていて病院に入れられたのを抜け出してきているようなのだが、もう言葉も巧く話せず存在自体いないようなものだ。体はまだこの世にあるがもう精神は遠い世界へ行きかけている。
彼の名前も象徴的だ。ブレイクといえばウィリアム・ブレイクを思い出してしまうが、多くのアーティストに多大な影響を与えた詩人であり画家であるブレイクの名をこの主人公につけているのではないだろうか。というのはサント監督は他の出演者には役名をそのままルーカス=ルークという風に被せているのに彼だけは違う名前にしている。何らかの意味があったには違いない。
『天国と地獄』『無垢のうた』『病める薔薇』『迷子になった女の子』『神曲』『最後の審判』などといったブレイクの作品から連想されるテーマが本作の中に様々に表現されているような気がする。
ビートの詩人アレン・ギンズバーグがウィリアム・バロウズの本棚で彼の名を知ったというのもサントの作品と関係がありそうだ。カート自身もバロウズに傾倒していたらしいし。
余談だが、ケン・ローチ監督『麦の穂を揺らす風 』で、主人公が入れられた牢獄の壁に「愛の園」(詩集『無垢と経験のうた』の「経験の歌」のなかの短詩)の一節が刻まれていたらしい。
またブレイクを題材にしたSF『ブレイクの歴程』では彼の異次元と異空間の探索が描かれているというのも本作を連想させる。

まったくサント監督の作品というのは名前や映像から色々な想像を喚起させてくれてあきない。
時間はゆっくりと流れ、カメラはあまり近づかず、激しく動き出す事はあまりないのだが観ている間、どきどきとしてしまう。

『ジェリー』はまだ死ぬ前の世界のようで乾ききって暑く水もなく荒れ果て酷く苦しかったのだが、ここでの世界は彼のバンドの名・ニルヴァーナの如く緑滴る美しい自然の中である。
美しい風景の中を朦朧として彷徨うブレイクはもうあまり辛そうにも見えない。ただ現実の人間と話す時だけは引き戻されるようで苦しそうに逃げてしまう。彼はもう向こうの世界へ行ってしまっているのだ。
『ジェリー』と同じように焚き火にあたるシーンもあって面白かった。焚き火にあたる、というのも何か意味があるのだろうか。

ブレイクはまだ肉体がこの世に留まっているためにかれは自分自身の体を切り離さなければならない。
小さな小屋の中で横たわった彼の体から裸になったブレイクが天上へと昇る姿が見える。梯子をよじ登っていってるようで不思議な光景だ。

劇中、ブレイク役のマイケル・ピットが歌をうたう。ギターの音色が悲しく胸を刺す。彼自身が作った歌らしい。だが非常にこの映画に合ったしかも凄く心に響く歌である。
歌詞がとても面白くて笑いたくなってしまったがこれは年をとったからであろう。
実が熟して腐るのが人生に似ている、というのが悲しくおかしいのだ。その後矛盾した比喩が続き人生のわけのわからなさを物語っている。死から誕生までの長く孤独な旅、というのも泣かせる(笑わせる)
馬鹿にしてるわけではなく人生というのは涙と笑いの両面が常にあると感じられるのだ。

かくして若い詩人は死へと旅立ってしまった。彼の死に対しては諸説があるようだが(この辺もブライアン・ジョーンズのような)本作ではそこには立ち入っていない。
生と死の境を彷徨う歌い人の姿が映されているだけだ。

ブレイクを演じたマイケル・ピット。金色の長い前髪が美しい。いかにもサント監督が好きそうな金髪美少年である。
加えて音楽の才能もあり彼のギターと歌は凄く素敵であった。
彼の顔は私としてはあまり好みではないのだが(口が小さいのがどうも。私は凄く大きな口が好きなのだ、ギャスパー・ウリエルの裂けてるみたいな口とか)からだの線とか佇まいとか前髪は綺麗で見惚れた。殆どアップはなくて遠目が多いので大変美しい人だと思えた。冒頭の濡れた尻も素敵であった。
とがいえ、彼を観てたらまた『ヘドウィグ』を観たくなってきた。近々観よう。(宝物DVDなのだ)

監督:ガス・ヴァン・サント 出演:マイケル・ピット ルーカス・ハース アーシア・アルジェント ハーモニー・コリン キム・ゴードン
2005年アメリカ


posted by フェイユイ at 23:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!土日と深夜はパソにあまり近づけずゆっくりコメントできないので今は少しだけ;;『ラストデイズ』買ったのです(笑)!にも拘らずフェイユイさんの評を読んで判ったことが沢山!(笑)私は外国文学とか無知なんで非常に勉強になります。ガス・ヴァン・サント作品をこんなに深く読み取っている人も珍しいのではないかしら!!・・詳しくはまた後日コメントさせて頂いて宜しいですか^^;
〜このところは、先日BSで放映あった『小さな恋のメロディ』の良さと(脚本がアラン・パーカーなのですね☆それに注目していました!)ジャック・ワイルド(私の原点かも☆)を偲ぶ日々でした。。。
Posted by フラン at 2007年11月18日 11:37
告白しますと私もウィリアム・ブレイクを詳しく読んだわけでも知ってるわけでもないのに、知ったかぶりしてるだけで実はその場で調べただけなんです(懺悔)^^;^^;^^;でも調べればしらべるほどそうとしか思えなくて。それとこのブレイク氏は本当に色んな人に影響を与えているのですねー、驚きました。

そしていつものことながらこれは自分勝手な解釈で何かで調べたわけでもないから全然答えは違うかもしれません^^;いや全然違うかもです。でも監督も「観客の感性で観てほしい」てなことをおっしゃてるようだから許されるでしょう(笑)
でもサント監督の感性ってなんだか波長が合うというかぞくぞくしてくるんですね〜。謎解きがやめられない(青い少年〜♪)
カート・コバーンのファンじゃないから感じられたこともあるかもしれません。

『小さな恋のメロディ』アラン・パーカー&デビッド・パットナム。青春時代夢中になった方々です。特にアラン・パーカー作品は思い出深いのです。
ジャック・ワイルド、私が思う少年のイメージそのものです。悪ぶっていて寂しげで友達思い。マーク・レスター(天使みたいに可愛い)がガールフレンドのところへ走っていってしまったのを見送る彼が切なくてしょうがなかった(涙)
Posted by フェイユイ at 2007年11月18日 13:34
フェイユイさんの評は完璧だと思います!^^v
この作品によってウィリアム・ブレイクを知る・・映画って観る人それぞれの観かたがあるので、あっているとか外れているとかはないと思う。本当に調べれば調べるほどブレイク=ウィリアム・ブレイクを想起するのですね。。
作品中のブレイクの訳ワカンナイ行動(笑)をジーと追っただけの作品とみるととてつもなく退屈ですよね。カート・コバーンへの思入れがあればまだしも、私なぞ只ピットが出てるからという一点で見ましたから最初は“ナンダコリャ”状態;でも“DVD買った”ってナニ(笑)〜つまりピットの佇まいや美しさ、映像の向こうのなにかが、誘うんですよね〜。ガス監督は確かこれをリバー・フェニックスで撮りたかった?らしい?・・でも亡くなってしまったので代りにピットで撮った。つまり役者への愛が溢れているし同時にカート・コバーンやリバフェニやその他色々な人々や音楽や映像や自然への愛をオマージュとしてを現しているんだなと・・。
私個人は、女性下着姿のピットが可愛くて好き;(笑);そして彼はバンドもやっているので唄も聴けよかった。あの演奏している時に天井からずーッと映しているとことか面白い。ひたすらキタナイ彼なのに、美しい横顔・・◎
ヘドウィグは宝物なのですか!私は最初いい加減に途中だけ観たときにはジョン・キャメロン・ミッチェルの容貌がどうも生理的にダメで、トミーの可愛さと音楽(「ウィッキドリトルタウン」曲&このシーンが好きです)に注目しました。ピットをこの作品で知りました。
(長くてスイマセン☆)ジャック・ワイルドは遥か昔に映画で見てなんて格好イイんだろうと思いつつ忘れていたのですが昨年の死去でショック、彼の人生を想いながら先日『小さな恋のメロディ』観たら切なくて・・(涙)最近少年好きになった(笑)ということもあるのですがどうも、子役時代にブレイクしてその後転落してしまう、というタイプに惹かれている自分。『小さな・』中でもオーンショウ、欠けたカップでコーヒー飲みながらダニエルを見つめる瞳のなんて哀しげな事!そこには18歳で11歳の役を演じている悲しさも含まれているのでしょう、大人の目なのですよ・・諦念の瞳、とでもいうか・・少し『SWEET・』のリアムが、かぶりました。同じように現在不遇のブラッド・レンフロ、クリスチャン・スレーターの少年の頃の作品をこのところ観ていました。『薔薇の名前』の彼(スレーター)の素敵さには参りました;以前は気付かなかったのに。。
Posted by フラン at 2007年11月19日 10:43
わー、リバーで観たかったです。あ、フランさんには申し訳ないけど(笑)でもマイケル・ピットもよかったと思います。遠目が多くて体が綺麗ですし(言い訳になってないか^^;)
下着姿はすごく素敵でしたねー。あれはサント監督の楽しみですか?(笑)

『ヘドウィグ』は顔がどうのというか話がお宝です^^;実を言うと彼の素顔をあまり覚えてない。あの化粧しか。近々観て確かめます。

最近私も少年に弱いと気づきました。リアムはその一番ですが。
『薔薇の名前』も最近観たいと思っていたのに、何故か人気で借りられないんですよー。観たい映画が物凄く多くて困ってマス。フランさんのコメント読むたびに増えてくるし(笑)

いつもコメント楽しみなのでいくら長くても全然OKですよ!!
Posted by フェイユイ at 2007年11月19日 19:28
お言葉に甘え連投しちゃいますが・;
下着姿<間違いなくガス監督の楽しみでしょうネ(爆)
『ヘドウィグ〜』は山本耕史の舞台の予習で最初ざっと観て。耕史の舞台は彼なりのものになっていました。その後ピット目的で(笑)しっかり観ましたら、非常に切ないお話なのですね。。私自身はゲイの方の心境は実際には分かるべくもないのですが、監督自身の出演で舞台→映画と主演しておりその主張は隈なく施されているのだろうな、と全編に漲るそのパッション☆が感動的でした。。ラスト、一糸纏わぬ姿で夜の舗道を歩いていく彼・・これからどうするのだろう、、、トミーはヘドウィグに心の底で感謝していたのですよね。そしてその上でサヨナラを云った・・切ないです。
『薔薇の名前』は特典がまた面白いのです。私の嫌いなコメンタリー(笑)があるのですがこれに関してはちょっと毛色が違う。作品が作られた15年位あとにDVD作成しているので、監督カンペキ思い出語り(笑)。今だから言える、なんて事も漏らしててそれが非常に興味深い。(云っちゃって申訳ないかな・・)特にクリスチャン・スレーターのオーディションについてや相手役の女優さんを好きになっちゃったみたいなこととか、どんな場面か説明せずに撮影した(だからラブシーンでのスレーターは素の表情!)とか・・。勿論本編も楽しめました。でも実はこの作品みたのもイタリアの俳優キム・ロッシ・スチュアートが出演していたらしいというので彼を探す為なのでした〜(笑)。でもそれ以上に、ジャン・ジャック・アノー監督ワールドにぴったりと浸ることになったのです^^;
Posted by フラン at 2007年11月19日 21:16
『ヘドウィグ』はとにかく近未来に観ますのでその時書くとして(笑)
しかし舞台も観たなんていいですね。山本耕史さんかっこいいからなあ。

『薔薇の名前』コメンタリー(笑)あれ以来見まいぞ、と思っていたのですが意外とお目にかからなくて^_^;しかしそれは気になりますね。絶対観ましょう(笑)
ずーっと以前観た時は何がなんだかよく判らなかったという感想でした^^;少し成長しているといいんですけど。
Posted by フェイユイ at 2007年11月19日 23:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。