映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年11月24日

『ツイン・ピークス』シーズン 2 Vol.3 第17章デヴィッド・リンチ

赤い部屋aaa.jpg

ローラ殺人事件が一段落し、物語は新たなる岐路に立った。
ツイン・ピークスを去るはずのクーパーが嫌疑をかけられFBIから尋問を受ける。。
「片目のジャック」の件でカナダ側へ通告もなく侵入したことが災いしたのだ。
クーパーを庇うハリーの友情が痛々しい。

レオの面倒を見続けるシェリーは落ち込み、ボビーは何とか事態を打開しようとベン・ホーンを訪ねる。
ノーマの店ダブルRは謎の評論家に手酷い批評を書かれてしまうがその本人とはノーマの母親だったのだ。
ノーマの夫ハンクはまた悪だくみをして「片目のジャック」のルノーと取引を始める。
ネイディーンはすっかり女子高校生になってしまいチアガールになるテストを受ける。突然身についてしまった恐るべきパワーは失われていない。物凄いタンブリングを決め、男子学生を投げ飛ばしてしまうのだった。

真夜中、ハリーの家へ突然ジョシーが戻ってきた。喜び彼女を抱きしめキスをするハリー。

そんな中、拳銃とバッジを取り上げられたクーパーは少佐と夜釣りを楽しんでいた。少佐が「ホワイトロッジ」についての話を仕掛けた時、クーパーは用を足しに場所を離れる。
暗闇の中で強い光を見た少佐がクーパーの名前を呼ぶ。戻るとそこには少佐の姿はなかったのだ。


posted by フェイユイ at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイン・ピークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。