映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年12月03日

『ウィンタースリーパー』トム・ティクヴァ

WINTER SLEEPERS.jpgWinterSleepers1997122316_f.jpg
WINTER SLEEPERS

人生は偶然の積み重ねで何が起こるか判らない、ということを一つの物語にした作品だった。

テイクヴァ監督独特のカメラワーク、色彩の美しさが目を引くが淡々と静かに進行していく。
冬景色とも相まって重く暗い雰囲気が全体を覆っていた。

何が起こるかわからない、とは言っても登場人物がそれぞれに頭をひねる様な行動をとるので苛立ちがつのってくるので、かなりの忍耐を必要とする。
進行するにつれ、身勝手なマルコに腹が立つことは確かだが、誰が一番悪いのか?という素朴な疑問を持つならば運転中にトランシーバー(?)を取ろうとした親父が一番悪いと思うのだがどうだろう。
ドイツでは規則があるのかどうかは知らないが運転中にトランシーバーや携帯電話は危険である。絶対やめよう。

とはいえ、この事故が小さな偶然が重なって起きたということを言いたいのであろう。そして小さな娘の死を呼んだものは。
マルコが新車に乗ってこなかったら、車のキーをはずしていたなら、レベッカがキーを取らせてくれてたなら、ルネが車を盗まなかったら(やっぱりこれが一番悪いか?)親父が携帯を取ろうとしなかったら、それより前に娘がこっそり車が引いている馬を乗せたカートに乗り込まなかったら。せめて父親が自分の横に乗せてたら。そしてあの時ローラがカーテンを開けなかったら(これはどういうことなんだろう?開けたからいけなかったのか?目覚めたのに?どういうことだったんだろう?)
それらが積み重なって事故が起こり可愛い娘が死んでしまう。ではローラが灯りをつけようとした時、父親が承諾していたなら?時期が早ければどうにかなったのでは?すべては判らないのである。

一番いい人と思えるルネと父親が最も死を引き寄せていたというのも皮肉なことである。

レベッカとマルコのいつ果てるともしれないケンカには消耗した。「話し合いましょう」と言い出した時にはこっちの方が「ホントかよ」と泣きたくなったけど、これもまた思わぬ展開で何もなくマルコは死への道を歩き始める。無論、本人は気づかずに。

親父さんが娘の仇である事故の相手(親父さんは仇と思って警察に訴えてるが反対車線に飛び出したのは親父さんの方だから本当に調査されていたら逆に犯罪者になっていたのではないか。しかしドイツって固いイメージがあるけど本当に調査しないのか?)の車を意地で見つけ出したのはいいが、証明書(?)の写真でマルコを犯人だと思い込んでしまう。そして殺そうとシェパードをけしかけるのだが、逆に犬を殺されてしまう。
だが慌てて逃げようとしたマルコはスキーで山の斜面を滑り出し、崖からダイビングしてしまう。

いつまでもいつまでも続くマルコの飛行は運命の危うさを表している。いい人を殺してしまったら後味が悪くなってしまうからマルコをここまで“悪い男”に仕立て上げたのだろう。親父さんがマルコを成敗に行く時は思わず応援してしまった。

かくして「本当の犯人」は記憶障害のため、本人も自分が犯人とは気づかず、親父さんは仇をとり(しかも直接手を下してないから殺人者にもならないだろう)レベッカはしつこい男とようやく手を切ることができ、ルネとローラは幸せに(多分)なった(と願いたい)

マルコは嫌な奴だったが娘の死に関しては一番無関係だったのに、運命とはこういうものなのだろうか。

本当は恋敵のはずの女達が同じ列車に向かい合わせに座るという運命のいたずらを最後に見せて物語りは終わる。

真っ白い雪景色にレベッカの赤、ローラの緑、マルコの青、ルネの黒、もう一人の女性の黄が鮮やかに彩られる。
レベッカ(フロリアン・ダニエル )は一見小柄な感じに見えるのにおっぱいのボリュームが凄かったのでびっくり。向こうのポスターはそこが強調されている。鼻っ柱も強そうで(顔立ちもいかにもそんな感じ)ティクヴァ監督はこういう女性のタイプ好きなのだろうな(少なくとも映画のヒロインとしては)

それにしてもドイツ映画を観るといつも車がコマーシャル並みに綺麗である。

監督:トム・ティクヴァ 出演:ウルリッヒ マティス マリー=ルー・セレン フロリアン・ダニエル ハイノ・フェルヒ
1997年 / ドイツ


ラベル:人生 ミステリー
posted by フェイユイ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「ウィンタースリーパー」いまいち・・・でした
Excerpt: トム・ティクヴァ監督の作品を全部みたいなぁ〜と思っていて、まだ未見だった「ウィンタースリーパー」を見てみることにしました。今までテ...
Weblog: ポコアポコヤ 映画倉庫
Tracked: 2009-08-31 11:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。