映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年12月30日

『ツイン・ピークス』シーズン 2 Vol.5 第23章デヴィッド・リンチ

ツインピークス滝.jpg

クーパーはかつての相棒ウィンダム・アールのチェスを受けるためにピートの力を借りる。彼はチェスの名手なのだ。
ウィンダムはレオをすっかり隷属させていた。そしてオードリー、シェリー、ドナに謎の手紙を3つに裂いて郵送していた。
3人は手紙を持ち寄り、どういうことなのかと頭をひねるのだった。

パッカード兄妹に翻弄され、エッカートからも逃れられないジョシーはハリーに頼る事もできず、エッカートのいるグレートノーザンホテルに向かう。
知らせを受けたクーパーがエッカートの部屋へ飛び込む前に彼はジョシーに撃たれ死んだ。
駆けつけたハリーの目の前でジョシーも命を落としてしまう。
泣きながらジョシーを抱きしめるハリーを見ているうちにクーパーはそこにボブの姿を見る。彼は言う「ジョシーはどうしたのかな」
赤い部屋の小人の姿も現れる。ベッドの脇の机の取っ手にジョシーの苦しむ顔が浮かび上がる。
ジョシーの度重なる殺人もボブの仕業だったのか。だが救われて美しい世界へ行ったリーランドと違い、ジョシーは救われないままに苦しんでいるのだ。なんという酷いことだろう。

ネイディーンがマイクと情熱的な一夜を過ごしたためにエドとの離婚を決意する。そのためにエドはノーマと結婚する事を決意し、ノーマはハンクと判れる決意をする。また檻の中のハンクは離婚の条件にアリバイを証明してくれと都合のいいことを頼み込む。だがノーマは断り去っていく。

立ち直ったベン・ホーンは傾きかけたホーン家を復興させるため、ジャックという若い男を呼ぶ。彼はそういった危ない状態の会社を建て直し、高い値で売る、という凄腕なのである。
且つ色男なので早速オードリーとの間に意味深な雰囲気が。どうなる。

ノーマは修道院を出たという妹を呼び寄せる。この妹がまたもや重要な役どころになるのだ。


posted by フェイユイ at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイン・ピークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。