映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年01月03日

『インプリント〜ぼっけえ、きょうてえ〜』と『ボルベール 帰郷』

最近続けて観た『ぼっけえ、きょうてい』と『ボルベール 帰郷』はどちらも禁じられた性が題材になっている(日本語タイトルだと語感が似ているのが奇妙)(はっきり書きたいのだが、この辺の文章ってネット上にそのまま直接出てしまうので困る。ネタバレ注意、などと書いてもしょうがないし。もういいかな?)

片方は救いようがないほどおどろおどろしく悲しい。片方は悲しいながらもそんな境遇と立ち向かっていく明るさと強さを持っている。
だがどちらも面白く夢中になって観てしまう。

二つの作品とも禁じられた性とそこから生み出された犯罪を隠そうとして告白していく、という構成になっている。作品から受ける印象はまったく違うが設定は似ている。不思議で怖ろしい相似と相違である。


ラベル:比較
posted by フェイユイ at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。