映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年03月19日

「イングリッシュ・ペイシェント」のミンゲラ監督、54歳で死去

「イングリッシュ・ペイシェント」のミンゲラ監督、54歳で死去

私にとってミンゲラ監督といえばマット・デイモン主演『リプリー』です。
ルネ・クレマン監督、アラン・ドロン主演の『太陽がいっぱい』と比べられ賛否両論でしたが、私はクレマン&ドロンのそれを観て好きでいながらもミンゲラ版のほうがより好きになってしまったものです。無論マット・デイモンの為でもありますが。
音楽と映像が美しく、サスペンス溢れる演出でした。

それにしてもまだ54歳という若さだったのですね。映画監督としてはまだまだこれからという年齢なのに惜しいことです。

ご冥福をお祈りします。


posted by フェイユイ at 15:40| Comment(0) | TrackBack(1) | マット・デイモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

〜訃報〜 アンソニー・ミンゲラ
Excerpt:  THE ENGLISH PATIENT  by Anthony Minghella    (1954-2008)  また、PCの前で声を上げてしまった。「嘘、なんで..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2008-03-20 10:46
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。