映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年03月23日

松山ケンイチについての告白・その3

一体何度書けば気が済むんだという昨日今日だが、思いついたことを少しだけ。

松山ケンイチにはまって彼出演の映画を次々と観て来た。彼自身はどの映画もその時に力いっぱいの演技をしていることが伝わってきて好きになる一方なのだが、映画作品自体は私がこれまで好んで観て来たカテゴリとは大いに違っている。
このブログを読み続けてくださった方なら判られるだろうが私が観て来た映画と言うのは基本的に過激な性と暴力、異常心理、殺人、変態、犯罪、謎、不思議、わけわからん、という類のものである。
松ケン映画は主役に近いほど、真面目でまっとうなストーリーが多い。最も異常心理といえる『デスノート』を真っ先に私が観たのも当然のことである。Lは無論私に興味を惹かせるキャラクターであった。
それ以外の懸命に更生する話や動物を愛する話、戦争もの(殺人ものには興味があるが戦争ものは嫌いという)など普段絶対手にしないものばかりだ。
最初は苦手な分野だったので観るのも億劫だったが観ていく内に松山ケンイチの変化がよく解るし、いつも観ないものを観る新鮮さもあって楽しめるようになった。
さてこれからの彼はどんな映画にでるのだろう。このままの路線を行くのか。変わっていくのか。
先日観た『神童』は今までとちょっと違う不思議な話だったし、未見の『人のセックスを笑うな』も何か違うような期待がある。
さらに『カムイ外伝』は監督が自分が非常に好きな崔洋一氏ということもあって大きく期待してしまう。この作品で松山ケンイチのイメージがまた変わるような気がしている。

そしてさらにその先は。
はっきり言ってまだ若すぎるくらいの人なのだ。年齢を取ればいいというわけではないかもしれないし、いつか年取るのだからそれを待てばいいだけの話だが、その先もっと好きになれるような気がして仕方ないのだが。


ラベル:松山ケンイチ
posted by フェイユイ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 松山ケンイチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。