映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年03月23日

『カスタムメイド 10.30』ANIKI

カスタムメイド10.30.jpg

実際に行われた奥田民夫「広島市民球場」コンサートをモチーフにしてその中にこんな少女がいたかもしれないよ、というちょっと不思議なテイストの作品。

なるほどなあ、と思うし、うまくできているのだが、自分的には民夫さんの部分があまりいらなかったかなーと。も少し短くしてもらってもよかったのだが、民夫ファンはここ目的で観るのだからそうは言えないか。

とにかく木村カエラが可愛くて絵になるし、ストーリーも軽くて適当でいい感じである。
彼女主体の映画で観たかった気もする。

変てこな天使の加瀬亮さんがスカート姿で可愛かった。

さてお目当ての松山ケンイチはカエラ=まなもが働く(高校生なのだが)キャバクラのウェイター。リーゼントで真面目な男を演じている。
まなもに「もしかして童貞?」と聞かれ「まさか。店の女の子とやりやりだよ!」「ほんとに?」「・・・うそ」というような奴。
店長(寺島進)に忠実でひたむきな態度がまた可愛い。

なおこの映画のメイキングDVD『CUSTOM MADE 10.30 〜Angel Works(見習い編)〜 』というのがあって松山ケンイチの名前もあったので『蒼き狼』や『デスノート』のナビゲートを思い浮かべレンタルしたが、これにはまったく松ケンのインタビューなどの映像はなかったので特に観る必要はないと思う。本編の映像が再現されているだけだった。

監督:ANIKI 出演:木村カエラ 奥田民生 柳沢慎吾 加瀬亮 小倉一郎 寺島進 ミッキー・カーチス 松山ケンイチ 松井涼子 西門えりか 前田綾花 松井涼子
2005年日本


ラベル:松山ケンイチ
posted by フェイユイ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 松山ケンイチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。