映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年03月28日

『渋谷怪談 2 デラックス版』堀江慶

cap232.bmp

松ケンの無視されぶりが愛おしい一作である。
けなげに堀北ちゃんを思い続けても鼻にもかけられてない様子が不憫だ。
確かにこの時の松ケンは背ばかりひょろひょろしてて頼りないしなあ。着てる服もなんつーか見てらんないし、何も考えてない感じが悲しい。やっぱり男は中味かなあ。
そんな彼に思いを寄せてくれている女の子の気持ちにやっと気づいて答えようとしたら消滅しちゃうし(汗)
これに比べると『親指さがし』の時のめがねくんは素敵だったと判る。
ミステリーを解決していく時なんてなんだか心の結束が固くなりそうだもんね。
心強いし。

で、本作の松ケンはいいとこもなく消えていったのだった。
若くて細い彼を観たかったらいいかも。

堀北ちゃんが可愛いのでこんなつまらない映画でも何となく見惚れて見通してしまうのかもしれないが、それにしてもよくここまでつまらなく作れるものだと感心する。
都市伝説を繋げて作ったとはいえ、才能ある人が作ればもっと面白くなりそうなもんなのにな。
松ケンが歌ってる時堀北真希が耳を塞ぐのでよほど嫌いなのか、と思ってしまう。歌声でよくわかんなかったけど赤ん坊の泣き声がミックスされていたのだった。
堀北ちゃんはどうしてこうも松ケンが嫌いなのか。どう観たって最初に死んじゃった女の先生とレズビアンの関係みたいだもんね。
松ケンなんかまったく恋愛の対象じゃない、って感じだったし。

何かの記事で、女の人が物凄い背中を痛めつけられて何度も撮り直されたら大変というのを読んだので物凄く残虐な事を想像してたら、体操みたいな感じだった。三池崇史とかばっか観てるからどうも残虐性に抵抗力ありすぎる。

医者の先生が車にバンは『三更』の『餃子』だろうけど、迫力はない。

監督:堀江慶 出演:堀北真希 原史奈 木村茜 松山ケンイチ 太田千晶
2003年日本


ラベル:松山ケンイチ
posted by フェイユイ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 松山ケンイチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。