映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年03月30日

『セクシーボイスアンドロボ』voice10幸子

明らかにロボ恋愛事件を引きずっている気がするが・・・。ニコロボ世界が崩れていく。これも仕方のないことかな。

何とはなしに最初の頃のロボパワーがなくなっていくような・・・(笑)
ニコちゃんも自分にまとわりつく事件のためか、歯切れが悪い。

10万・20万程度の金額だと切実に聞こえるが2億だとか50億だとか言われるとなんだかよくわかんなくなるね。

篠井英介氏が漫画家の役で登場。なにげにうれしい。
松ケンとの絡みが観れてこれも嬉しい企画であった。


だけども話的には特に記すことも思いつかない。
もう表現したいこと終わっちゃったって感じなのかな?
幸せを感じてない漫画家とその奥さんの話はもっと突っ込む事もできたはずなのにこの辺で終わりでいいものか。
ニコのパパとママだけは同じテンションでいてくれているような。

幸子はどうなった?


posted by フェイユイ at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 松山ケンイチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。