映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年03月31日

『セクシーボイスアンドロボ』Lastvoice ロボ

色々文句も言ったけど松ケン最高の楽しみが終わっちゃたよーん。短すぎる。とはいえ、前回で書いたように言いたい事は終わったんだよね、きっと。

今回は最終回だけあってなかなか見ごたえあり。第1回目の出演者でニコロボ出会いのきっかけとなった三日坊主が幽霊となって登場。しかし脚はちゃんとあるぞ。

他人とちょっと違うニコには死んでしまったはずのセキセイインコが見える。家族には見えないインコをロボも見ることができた。二人のつながりを感じさせる。
そんな時、死んでしまった三日坊主が幽霊となって現れる。最初は黙ったままだったのが次第に話せるようになり、3人はまた不思議な関係となる。

ニコは学校で自分以上に孤立している転校生を見て他人との共存を考える。
ニコにはセキセイインコが見えなくなった。そしていつしか三日坊主の姿さえも見ることができなくなったのだ。

いつまでも幽霊が見える子供のままのロボと成長して見えなくなっていくニコ。
二人の道が分かれていく。

おいおい、前回二人が将来結婚するのを考えるのが普通、なんて書いたのによう。
でもまあそういうんじゃなく未来予想図としていつまでもボスと手下的な関係でスパイ活動を続けるニコロボ、というのがいいのかもしれないね。どっちでもいいけど。

このドラマで描かれている「起こしたことは取り消せない」とか「人は成長し変わっていく」とか「自分と世界はつながっている」はま、当たり前のことだし、頷けるけど、肝腎の最後の決め言葉「自分を救えるのは宇宙で私だけだから」っていうのは疑問だなー。
当然の屁理屈を言ってるようで「そうでもないんじゃない」って思うがね。「そういう意味じゃなくてー」って言い返されそうな気はするが、自分が一番救えなくて他の誰かに救われるという事の方が多いかもよ。
例えば赤ちゃんとかね。ニコでいうなら幸子だね。

それにしても楽しいひと時であった。
スンごく楽しかったなあ。
Lから入った松山ケンイチで色んな彼を観てきたがロボは一番好き。可愛くてせつなげで。
(近々変わる予定もありだが)
他の作品ではおとなしいか結構荒っぽいかだったりするが、ロボは弱っちいけど懸命にがんばる感じが愛おしい。
コメディがこんなにはまっているというのも他の作品からはちょっと信じられないくらい。

このドラマでも言ってる様にいくら楽しくても別れもあるということで。

真境名マキと名梨の最後はいいな。


ラベル:松山ケンイチ
posted by フェイユイ at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 松山ケンイチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。