映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年04月08日

『ユメ十夜』いまだ観れず

ユメ十夜 日本版.jpgユメ十夜台湾版.jpg功夫灌籃k.jpg
左が日本版『ユメ十夜』真ん中が台湾版『夢十夜』松ケンアップです、右がジェイ『カンフーダンク』

実は今夜は(というか昨日の夜は)やっと手に入ったDVD映画『夢十夜』を観る予定であった。漢字で書いたのは台湾版だからである(リージョン3なのでご注意を!普通には観れません)

レンタルすればもっと早く観れたのだが、ちょうど折りしも周杰倫の『カンフーダンク』を購入予約しようとして運賃無料にするためにもう一枚何かを注文したかったのだが、もうよほどでないと中文字幕で観る気力のない私は買いたいものがない。
そんな時、見つけたのが台湾版『ユメ十夜』である『夢十夜』
日本映画を台湾版で買えるのか?と疑心暗鬼だったが、あっさり注文完了。しかしホントに来るのか心配で記事にもできないでいたのだった^^;

今日届いた2枚の台湾版DVD(イヤ、『カンフーダンク』は香港版だ)

日本版『ユメ十夜』は表紙が10分割され松山ケンイチの姿も10分の1のようだが(実際手にとったわけではないので確信はできないが)台湾版のそれは何故か表紙いっぱいに松ケンが大きく写っているのである。しかも下部の俳優名は“L”松山健一(笑)
やはり“L”の影響大なのだなあ。それにしてもケンイチ君はちゃんと研一って漢字があるのに健一って。
yesasiaの説明ではちゃんと研一ってなってましたけどね。

とにかく表紙に松ケンの顔がアップで印刷されてて、一方の『カンフーダンク』にはジェイ・チョウの顔がアップで(笑)
並べられるとホントに似てて笑ってしまいましたよ。
そうでもない、と思ってたらほんと似てるんだもん。しかも二人とも流し目してるし^^;(今手元で見つめ合っています)

無論日本で買える『ユメ十夜』ですが台湾版だと少し安いようで(レートがどうなるのか。800円くらい安いかな)
中国語を勉強したい人には中文字幕で日本語が聞けますしね。

で、なんで観なかったかというと心待ちにしていたくせにやっと観る段になって「あ、原作読めばよかったなー」って。
もー未読だった私が悪い。普通は原作読んでなくても気にならないんですが何故かこれは読んだ方がいいような気がして。
気にせず観ようと思ったのですが、一度気になると集中できず止めました。
てことで今度は原作読了後に観る予定に。
いやはや。
一体いつ観れるのやら。

てことでこの記事は『ユメ十夜』台湾版『夢十夜』は松ケンびいきだよ、ということでした。松ケンファンならこちらを購入するのもよいかも。

『カンフーダンク』を明日は観るぞ!

この記事、いけないわけではないことを祈りたい。

台湾版『夢十夜』


posted by フェイユイ at 00:49| Comment(8) | TrackBack(0) | 松山ケンイチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ユメ十夜ということは、松ケン鑑賞はひとまずこれで終わりですか?台湾のDVDは2枚組みなのですね。特典映像でもあるのでしょうか。

 フェイユイさんは彼のお勧めの映画までチェックして頑張るな〜。きっと徹底的に追求するタイプなのですね。『リトルランナー』ってハートウォーミングな映画なのですか?デスノートの頃彼は『悪魔のはらわた』とか『ドラッグストアカーボーイ』『皇帝ペンギン』『ラスベガスをやっつけろ』などを好きな映画といってました。私は、ペンギンの映画だけDVDを持ってますがどれも観たことがありません。血の匂いがするのもありますね。

 そういえば、去年ユニクロのCMに起用されていたんですが、TVver.(30sec.)
とは別にPCver.(4min.)があって これがなかなかいいショートストーリーになっていたんですよね。一見の価値あり!まだyou tubeにあるので観てみてください。(sato,uniqloで検索)

Posted by 梅 at 2008年04月09日 20:38
追加
ユニクロ夜編 TVver.
http://jp.youtube.com/watch?v=XrwR6wp5Xdg

ユニクロ   ネットver.
http://jp.youtube.com/watch?v=XrwR6wp5Xdg
Posted by 梅 at 2008年04月09日 20:53
 ユニクロCM

TVver.夜編
http://jp.youtube.com/watch?v=XrwR6wp5Xdg
PCver.
http://jp.youtube.com/watch?v=ygAt35mXjig


TVでは、朝、昼、夕、夜編があったんですが夜しか見つけられませんでした。TVとpcでは結末が異なっていてちょっとした話題になりました。
Posted by 梅 at 2008年04月09日 21:03
うわわわ。ありがとうございます。さすがにこれはTVCMで見た記憶はありますが、こんなのがあるとは知りませんでした。
まだ彼に恋してはいなかったのですが、キスしたようなシーンがあるのがなんだか嫌だった記憶があるので少し心が動いていたのかもしれません。それにしてもあんまり松ケンの表情はうれしそうじゃないですね^^;いいのかな。

『悪魔のはらわた』『ドラッグストアカーボーイ』が好きだと言ってたんですかー。うれしいなあ。どちらも大好きな映画です。
『リトルランナー』はハートウォーミングでした。
台湾版『夢十夜』は特典もついているようですが日本版を見ていないので違いがわかりません。表紙だけは全然違いますね。
これで映画は一段落ですが、教えていただいたような映像とか他にもドラマとかまだまだ結構ありそうですね。
ほんと梅さんに感謝です。
Posted by フェイユイ at 2008年04月09日 23:17
 日本版ユメ十夜は、本編だけなのでDVD1枚です。公開時スカパーで各キャストのインタビューが流れてたんですけど、DVDには収録されてなかったようです。台湾版にはそんなインタビューがあるんでしょうね。

 最近TOHO cinemasの劇場でのみ発売されていた雑誌『T』では、泣くという設定で加瀬亮、松潤を含む3人が映画を見て泣いているのですが、松ケンは『リトルランナー』を観て一番不細工に泣いてました。あんな顔で泣けるなんて、何か職人ぽくてますます興味が沸いてきます。

 CM気に入ってもらったみたいなのでもう少し貼っておきますね。

 AU(家族割)
http://jp.youtube.com/watch?v=wVKyBNI8Jxc
  
 DOCOMO
http://jp.youtube.com/watch?v=v71IYgg4v7o

 POCKY
http://jp.youtube.com/watch?v=NFHd6ftZLps
 
 LottexL
http://jp.youtube.com/watch?v=rX8STcVXbaA
Lotteはこの他数バージョンあります。




 
Posted by 梅 at 2008年04月10日 01:10
TOHO cinemasの『T』ネットで表紙は見てたんですが『リトルランナー』で泣いてるんですか〜(感心)
いい映画ですがアレであんなに泣けるとは凄い感受性だ。
あ、演技でしょうか?半々かもしれませんね(笑)
なんだか欲しくなってしまい購入予定です^^;

色々動画ありがとうございます。感激です〜!!!
ついでに他のも観てしまいました。
まだまだ色々ありますね(わくわく)
ついつい映画にはまってしまいこちらを覗いてなかったんですが、これもまたはまりそうですね〜(笑)怖い〜。
Posted by フェイユイ at 2008年04月10日 14:57
フェイユイさん鋭い!『T』のライターさんにも「架空の松山ケンイチの日常」をどこかで演じているように、僕には見えた。と書かれてます。

泣くで思い出したのですが、去年TV出演していた番組で『スパイダーマン3』で号泣したと言ってました。「人を許すことは難しいけど許さないと何も始まらない。」と思ったら泣けてきたんだそうで、やっぱり常人とは感性が違うな〜とその時感心した覚えがあります。

松ケン鑑賞も一段落ということで、もうひとつ紹介します。http://www.horipro.co.jp/hm/matuyama/index.php(ホリプロ公式サイト)
こちらのmessageには、ドラマ『ごくせん』以降の写真や、手書きメッセージ、映画の舞台挨拶動画(男たちの大和以降)などがあります。ここだけでも相当楽しめるので映画鑑賞の妨げになってしまいそうですが、ご覧になった映画の舞台挨拶など面白いと思いますよ。


Posted by 梅 at 2008年04月10日 22:04
ここは私も見ていたんですが、こういう過去の動画があるのにまったく気づいてませんでした^^;ほんとにもう教えてもらわないとどうしようもない私です〜。

そうですね、少しずつ楽しみに観ていこうかと思います(笑)
ありがとうございます!!
Posted by フェイユイ at 2008年04月11日 00:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。