映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年04月13日

『功夫灌籃』(カンフーダンク)メイキング

cap244.bmp

じえるなさんに「メイキング観ました?」と言われ慌てて観ました『功夫灌籃』(カンフーダンク)のメイキング。
悲しいかな本編に不満だった私はメイキングに触ってもいなかったのですが、これは観る価値ありましたね。

この映画でのジェイの活躍の様子がかなり細かく映されています。道場での稽古、バスケの練習を観てるとやっぱりジェイは何でも上手いなあ、と改めて惚れ直すこと請け合い。
指導を受けてそれをすぐさまやってのける様子、エリック・ツァンからもアクションのアドヴァイスをされて頷いているところなんかも素敵でした。
MVでジェイの武術は何度も観てますが棒術なんかやってるのを見てると見惚れてしまいますね。

そして何と言っても素敵だったのがなぜか演技の合間にピアノを弾いているジェイ。
ピアノはわざわざ持ち込んだんでしょうか。ピアノが傍にないと生きていけない体なんでしょうか。
おしゃべりしながら軽く鍵盤を弾きだすジェイ。当たり前なんですが、やっぱり一番素敵でずっと観ていたくなってしまいます。

映画にはちょっと失望してしまいましたが、この特典映像は観てよかったです!


posted by フェイユイ at 00:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(今日は沢山カキコミで失礼しています^^:)
ジェイ・チョウさんは本職は歌手というか&ソングライターなのですね?(何も知らずゴメンナサイ;;)いえネ☆つい云いたくなってしまったのは^^;実は耕史も、役者ですがギターはプロ級でバンド組んで自分で作詞作曲もやり勿論唄いますし。時々役者仕事の合間に音楽家としての様子を垣間見せる時がありまして・・役者仕事より、ギターを抱えている時が一番イイ顔しているんですよ。。
メイキング等の普段の様子って、ぐっときますよね。ジェイさんも、ピアノに向っている時が、一番素敵なのでしょうね。。
Posted by フラン at 2008年04月13日 01:11
私も知りませんでした。耕史さんはなんと歌もやってたんですね!なんて人だ。何でもできる人なんですね。
てことはえー、ジェイと同じようなタイプですよー。
ここでいつも松ケンとジェイの顔が似てると騒いでるんですが耕史さんとは中味、というか特技が似てる!
手品が得意で歌うたって役者もやって、と。
あ、そうか、だからヘドウィグやれるんですよね。今わかりました(笑)
ジェイは絶対ヘドウィグやれませんが(笑)

女は絶対ミュージシャンに弱いですよね。楽器弾かれるとぽわーんとなってしまう。違いますでしょうか?(笑)

Posted by フェイユイ at 2008年04月13日 01:30
役者も素敵だがとどのつまり(私は)多分ミュージシャン☆が一番好きなのかな(^^)・で、ミュージシャンて楽曲を自分で演じるので不思議と役者としての資質が備わる人が多い。だからいきなりドラマや映画に出ちゃったりできるのですよね。
楽器は♪^^堪りませんよね〜(笑)^^私は昔から何故か好きになる人・なる人ほとんどベースギター。何かバンドの中での立ち位置から性格みたいなもんに繋がるのかもしれません。ベース奏者は、ボーカルやリードギターのようには決して前面には出ないけれど。別にいなくても成りたつんだけれど(笑)。。ビリー・ワイルダー『お熱いのがお好き』で、マリリン(バンド奏者たちの旅のドタバタ劇♪)はウクレレと唄(笑)担当なのですが、可愛らしくお酒をくいっとやりながら“どのバンドへ行っても必ずサックスに惚れちゃう〜☆”と話すシーンあり、自分にも置き換えて(笑)考えたのです。
ジェイさんは、幼少の頃からピアノをやっていて、、♪ということなのですか?^^
Posted by フラン at 2008年04月13日 11:02
そうですね、ミュージシャンで役者よりいい味出す人いますよね、あれ不思議です。

ベース奏者を必ず好きになる(笑)いいなあ。かっこいい。
私はそれほどこれっていうのがないんですが。割とミーハーにボーカルのような^^;

ジェイはお母さんの教育でピアノを幼い時からやってて音楽学校も卒業してるという人です。根っからのピアノマンなんですよー。R&Bヒップホップピアノマンです(笑)
Posted by フェイユイ at 2008年04月13日 13:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。