映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年04月24日

『現代畸聞録 怪異物語』木村俊幸

『画ニメ 現代畸聞録 怪異物語』.jpg

画ニメ 『現代畸聞録 怪異物語』第1話「冷蔵庫」の声の一人を松山ケンイチがやっている。

画ニメという言葉自体をこれで初めて知った。
動かない絵と写真をつないで音をあてはめる事で一つの物語を作っていく。
ホラーという題材には適した映像なのではないか。
極端にえげつない猟奇的なものではなくホラー的雰囲気に満ちた映像、という感じだったので自分としては楽しめた。
今風のアニメ絵ではなく暗く沈んだ絵柄が好きだったせいもある。

第1話が松ケンだったので入り込みやすかったのかもしれない。
普通のアニメのようにキャラクターに声をあてるというようなものではなく、何となくそれらしき人影が写る程度のイメージ画像に松ケンが語りを入れているといった風。
これまで観て来た松ケン作品というのは男の子と仲良く話しているというシチュエーションがあんまりないんだよね。
ケンカしてるのはあるし、女の子と密に話してるのは『神童』で観れたけど。(『椿三十郎』以降はまだ観てないのでわからない)
ここではミノル=松ケンが友人アキラとの会話が聞けるので他にない体験だった。
それにしても語りのみの松ケンの声、というのは凄くいい。まだちょっと拙い感もあるがそこもまた可愛らしくもあるし。

冷蔵庫に閉じ込められる、という恐怖は今の子や松ケンくらいじゃなくて自分世代にはかなりのトラウマとしてあるのではないだろうか。
実際自分が子供時代、こうして自ら捨てられている冷蔵庫に入って遊んでいる内、ドアが閉まって出られなくなり友達が気づかず帰ってしまったために死んでしまったというニュースが何度かあったのだ。
その恐怖があんまり強かったので「冷蔵庫にはいっちゃいけない」という教訓が自分の中で物凄い存在になっているのだ。
まあ、そういう危険性というのは自分は遭遇しなかったし、閉所恐怖症にもならなかった。どっちかつーと押入れとかに入り込むのが好きだったしね。(よく怒られて入れられるというのがあったけど自分で入ってたなあ)
だからこの恐怖っていうのは私くらいの年齢じゃないとよく伝わらないんじゃ、って気もする。(あとは想像力を使おう)
そういう懐かしい(?)ホラーに松ケンが声をあててるのもちょっとうれしいかな。

原作:猿田悠
監督・画:木村俊幸




ラベル:松山ケンイチ
posted by フェイユイ at 22:09| Comment(4) | TrackBack(0) | 松山ケンイチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
松山ケンイチ探求の旅はまだ続いていたんですね。画ニメは私も最近見ましたが、映像が美しくて見入ってしまいました。確かに、彼の声はすごくいい声でなんか色っぽい。味噌買い橋はもっと拙い語りが聞けますよ。(確かこの話だけダウンロードできるはず)

それと、2年位前『女たちの大和』というラジオドラマで臼井大尉役(長嶋一茂が演じていた役)でアフレコしてます。どこかで聞けるといいですね。
Posted by 梅 at 2008年04月25日 00:38
もーほんとに私って!
探求を中断してたわけではなく、気づいてなかったという(笑)

梅さんからのコメントでやっと気づいたんですヨオ。
手取り足取り教えてもらわないと駄目な私です^^;

そして味噌買い橋!これも書いてあったのに気づいてませんでした!!!!
ありがとうございます。早速ダウンロードしましたので今夜にでも聞いてみます。

ラジオドラマもなんとかなるといいんですが(笑)
Posted by フェイユイ at 2008年04月25日 08:58
フェイユイさん ラジオドラマ臼井じゃなくて臼淵だった。こんなちょっとした間違いがすごくかっこ悪い。

私もフェイユイさんに刺激されてずっと放置していたDVDをいろいろ見てます。NANAのDVDでの監督と主役二人のコメンタリーが面白かったですよ。中島実嘉さんかなりケンイチくんのことかってるんですね。シンちゃんが格好よかったとかあんまり綺麗ですいこまれそうで近くに来ないで欲しかったとか、彼が出てくるたびに話題にしてました。また、このキャスティングは急遽決まったようで、予告編ではケンイチ君とは違うキャストの名まえがあったりちょっとしたトリビアを発見して面白かったです。
Posted by at 2008年04月25日 12:41
そんな間違いはまったく気にしなくて大丈夫です!私なんてもっと酷いのしょっちゅうですから(笑)

中島実嘉さん、お優しい!!私はシンちゃん観て大爆笑してましたが^^;でも実際に見るとまた違うのかもしれませんね。コメンタリーも楽しそうですねー。

ケンイチくんは仕事量物凄いですよね。ほんとにこの期間まででもどこまで探したら終わるのか、と思ってしまいます^^;
その分、たっぷり楽しめてうれしいですが!体力あるんだなー、とか感心。

Posted by フェイユイ at 2008年04月25日 14:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。