映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年04月28日

『長江哀歌(エレジー)』ジャ・ジャンクー

山峡好人b.jpg
山峡好人

これもまた期待に期待を重ねていた作品だが、それ以上の素晴らしさで却ってなんと言っていいのか判らない。
褒め言葉を並べ立てることになってしまうのだが、本当に見ごたえのある面白い作品なのである。
急激な発展開発を進めて行く中国政府と実際にそこに住む人々とのすれ違いがリアルでありながら滑稽さも交えつつ描かれていく。
物語を展開していく主人公が現地にいる夫或いは妻を捜しに来た他の地の人間であるために鑑賞者は彼らと共に山峡の土地開発を奇異の目で見ていくことが出来る。
美しい壮大な自然と飾り気のない人々見ているとここは現代ではない遠い昔のことのように思えているのに突然出てくるTVに衣映される『男たちの挽歌』(古い映画ではあるが。レスリー(涙))やけたたましい携帯の音が時代は今なのだと教えてくれる。
急激な開発が古き人々の住居を壊していく。それは突如現れるUFOやヒロインの背景になっている奇怪な建物がスペースシャトルのように打ち上げられてしまうことでいかに理不尽なことが起きているかを表現しているのだ。また醜怪な建物を邪魔だとばかり追い払ってしまったかのようにも思える。
観る者は主人公達と同じように誰か(何か)を探しながらも思うようにいかない苛立ちを覚えてしまうだろう。
そして彼らは探し人を見つけた時、一人はその人と別れ新たな道を歩き出し、一人はその人と暮らす道を選ぶ。
答えは一つではなく自分で見つけるのだというように。

監督はこの映画で中国の過激な変化と混沌に大きな不安を感じ訴えているのだが、自分は勝手ながら昔と今が同時に存在するような不可思議なこの国を描きだした映画に物凄い興味を抱いてしまうのだ。
それが監督の意図とは違うものかもしれないのだが。
だが多分感動を覚えた人々は国を憂えて告発した作品ということだけでなしに、広大な国の小さな一地域に住む人々の生活を見せられた面白さに惹きつけられたはずなのである。
それにしても華々しいイルミネーションに飾られた大きな橋の側を走っていく車の寂寥感というものは例えようもない。

この映画は監督が友人のドキュメンタリーを撮る為にさほど興味もなかった山峡に行った際に突然映画として撮りたいと思い立ち、町がなくなってしまう前にと大急ぎで撮影されたということらしい。
このような面白さのある作品がそんな短期間に製作されたとは驚きだが、それだからこそ勢いのある作品になったのだろうか。
昨日ぼやいていたカット多すぎの『ボーン・アルティメイタム』とは大きく違いゆっくりと画面を観ていくことができる作品である。とはいえ、ジャ・ジャンクー監督作品としてはかなりにカットが多いのではあるが。

小難しい作品を望んでいるわけでは決してないがこのように混沌きわまりなく面白く不思議な世界を見せてくれる中国映画、もっともっと観たいのだがなあ。

監督:ジャ・ジャンクー 出演:チャオ タオ ハン・サンミン ワン・ホンウェイ リー・チュウビン マー・リーチェン



ラベル:歴史
posted by フェイユイ at 00:57| Comment(6) | TrackBack(3) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もこの作品
すごく大好きです。
懐かしい気持ちになりました。

映画館で3回見ました。
じんわり染みてくるよい映画ですね。

ずいぶん前に観たのに
今、少年の歌声が頭に鳴り響いてます。
夫を探しにきた妻が
ペットボトルに水を入れて飲むシーンも浮かんできます。
あの夫、どんなにいい男かと期待していたら
がっかり(笑
あんな男のことはさっさと忘れて
たくさん幸せになってほしいと
本気で腹が立ちました。
Posted by せりーぬ、 at 2008年04月30日 22:03
あはははっ。おかしー。
私は最初から物凄い様相の、イケメンとは真逆の男ばかりぞろぞろ出てくるのでどうなることか、と思ってました^^;

でも素晴らしい作品でしたねー。
こういう映画を観ると映画って多くの人を感動させるなんという力を持っていることか、と感じます。
Posted by フェイユイ at 2008年05月01日 00:51
>イケメンとは真逆の男ばかりぞろぞろ出てくる
確かに!
殺されちゃった男の子以外は
物凄かったですね(笑

でも・・・
なんどか観ているうちに
炭鉱夫の夫がセクシーに見えてきてしまいました。。。

こんなことばっかり言ってすみません。
心の奥底を揺さぶられる、本当によい作品です。
Posted by せりーぬ、 at 2008年05月01日 22:00
パンツ姿がセクシーでした・・・なんて冗談です。わーふざけて言ってしまいました^^;ごめんなさい。

奥さんをずーっと待ってて、説得して、でもお金が必要だと言われてしまうのに、早く帰って稼ぐんだと言って希望を持って帰るじゃないですか。
なんだかすてきだなーと思ったのです。いいなあ。かっこいい。本当の意味ですてきですよね。
うらやましいです。

Posted by フェイユイ at 2008年05月01日 23:04
フェイユイさん 今晩は。ご無沙汰しておりました。TBありがとうございます。

僕はめまぐるしい「ボーン・アルティメイタム」も楽しめましたよ。あのシリーズは大好きなんです。

<混沌きわまりなく面白く不思議な世界を見せてくれる中国映画、もっともっと観たいのだがなあ>
 全く同感です。ひところよりは増えてきましたが、まだまだ優れた映画があるのではないかと思うのです。僕には韓国映画より中国映画の方が肌に合います。人間の情感が韓国映画や日本映画よりうまく描かれている気がするのです。
Posted by ゴブリン at 2008年05月15日 22:14
ゴブリンさん、ご無沙汰しております。こちらこそありがとうございました。

『ボーン』の記事も読んでいただいたんですね。私も1・2は好きですが3の慌ただしさは受け付けませんでした〜。私はマット・デイモンの大ファンなので褒めまくるつもりでいたんですけどねー。

中国映画、紹介されるのが少なすぎるのか、実際あまりいいのが作られていないのか。
もっと色んな可能性があるし物凄くたくさんの映したい場所、物語があるとおもうんですけどねー。
とにかくナンにしても物凄さが韓国・日本の比ではないのが中国ですよね。
情感も勿論ですが、奇妙なもの、びっくりするようなものがまだまだたくさん隠されている気がします。
Posted by フェイユイ at 2008年05月16日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

長江哀歌
Excerpt: 2006年 中国 2007年8月公開 評価:★★★★★ 原題:三峡好人 監督・脚
Weblog: 銀の森のゴブリン
Tracked: 2008-05-14 02:26

「長江哀歌」
Excerpt: 長江哀歌 (ちょうこうエレジー)バンダイビジュアルこのアイテムの詳細を見る 三峡ダム建設が進む街、奉節。山西省の炭鉱夫ハン・サンミン(同)は、16年前に別れた妻子を 捜してこの街にやってきた。しかし昔..
Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク
Tracked: 2008-05-14 09:47

悠久の流れ〜『長江哀歌』
Excerpt:  三峽好人  STILL LIFE  中国の巨大国家プロジェクト、三峡ダム建設。世界一の巨大ダムの底に沈み 行く運命にある古都・奉節を舞台に...
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2008-06-17 09:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。