映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年05月08日

『愛情物語』ジョージ・シドニー

愛情物語.jpg
THE EDDY DUCHIN STORY

映画を観るまでエディ・デューチンというピアノ演奏家の名前を知らなかった。
冒頭部分があまりに明るくとんとん拍子に物事が上手く運ぶので昔の映画は気楽だなあ、などと思っていたらとんでもなかった。
親子、妻子、仕事仲間の愛情が溢れ、心の機微が細やかに描かれた素晴らしい作品である。
途中から涙がこみ上げっぱなしで困ってしまう映画でもあったし。
とにかくまずは鑑賞目的であるタイロン・パワー演じるエディのピアノ演奏に注目しよう。

今まで観て来たようなちょっと鍵盤を押さえるくらいならいいものの、肝腎の演奏になると途端に指先が何かに隠れてしまう、ということが一切ない映画なのである。
激しい指さばきのシーンも全て映し出されていてやはりこれはタイロン・パワーが演奏しているとしか思えない、と思ったのだが、これがやっぱり別の人の演奏であるというのは驚きだ。
見事に指さばきが曲とあっているわけで一体どれほどの努力があったのだろうか。確かにそう思って観ていれば指の動きより音符がいくらか多かったりはする。しかし自分などは言われなければ気づかないに違いない。いかにも楽しげ軽やかにピアノを弾く様子は本人が弾いてるとしか思えない。
後ろから映していてもピカピカのピアノに彼の顔と指先がくっきりと写っているのだ。
それにしても踊るような軽やかなこの演奏のこの楽しさはなんだろう。
またそのピアノ演奏も少しだけ、というのではなくその場面ごとに意味を持たせて次々と演奏されるのがうれしい。映画と音楽が一体になって相乗効果を生んでいく心地よさであった。

エディ自身も魅力的である。
最初はいかにも明るいアメリカ青年と言う感じで夢いっぱいでニューヨークへ乗り込んできたのだ。美女に仕事を推薦してもらったり市長を見ることで素直に大喜びしているのがなんとまあ単純で可愛いことやら。
あっという間に出世して美人と結婚してしまう気楽な映画かと思ったのだが。

胸を打つのは愛する妻を亡くし「メリークリスマス」と叫ぶシーンから。美しく賢明な妻が風の音が怖いと怯えるのが恐ろしい予感となっている。
子供の誕生が妻の死の原因だと感じてしまうエディは息子と長い間合う事が出来ずにいた。その年月が彼と息子の間に深い溝を作ってしまう。
楽団を持つほど出世した彼が太平洋戦争へ赴いたのは亡き妻への思いを断ち切る為だった。
彼はミンダナオ島で汚れたピアノを見つけ演奏する。近づいてきた現地の少年と共にピアノを弾き、その子からキスをされた時エディは今まで逃げていたことの重大さを知る。

再会した息子ピーターとの上手く行かない軋轢、ピーターを可愛がっていた若い女性チキータとの出会い。
時に苛立ちもするがエディの懸命に前進していく姿は感動的である。

こうやって思い出すとこんなに綺麗に生きていけるかしらとも思えるのだが、観ている間はエディの様々な苦しみに涙を抑えきれないことになる。
音楽が物語の中に演出としても上手く混じりこまれていて、お手本としか言いようのないほどのピアノ演奏を使った映画作品になっている。
息子ピーターがいつの間にか父親譲りの腕前を見せていくのだが、グランドピアノを合わせて親子で弾く最後の場面とそれに続くエディがいなくなってしまう場面には深い感動があった。
父と子でピアノを合奏し向こう側で美しい妻が食事の用意をしている、幸福を絵に描いたような彼らの心が悲しみにひたっているという事実。

単純明快でありまた悲劇でありながら深い愛情を感じさせる作品なのである。それをエディ自身が弾くピアノ曲によってさらに情感を深めていくのだ。
1950年代アメリカ映画の力強さを感じさせる。その上、風が怖いという繊細な感情がクリスマスツリーの飾りが揺れることやカーテンの揺れ、そして父との別れを知って並んだブランコを次々とピーター少年が揺らしていくという演出によって表現されていく。
映画の面白さ、感動を思い切り与えてくれる。

この頃の女性のファッションもステキなのだ。方の広く開いた逆三角の襟ぐりときゅっと締まったウェストにふわっと広がるスカート。女性の魅力を思い切り演出しているよね。キム・ノヴァクと後の奥さんどちらも凄い美女なのだ。

エディ・デューチンを演じたタイロン・パワーは美男で有名だが息子ピーター役の子が可愛いのだ。凄く人気のあった子役ということらしい。
彼が友達と3人でちょっとしたセッションをするところはキュートで見ごたえあり。見捨てられて反感を持っていた父親に少しずつ心を開いていく様子にはきゅんとなっちまいます。チキータのこと、本当に好きだったんじゃないかなーとも思えるのだが。

監督:ジョージ・シドニー 出演:タイロン・パワー キム・ノバク ヴィクトリア・ショウ ジェームズ・ウィットモア  演奏吹き替え:カーメン・キャバレロ
1955年アメリカ


posted by フェイユイ at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フェイユイさんの素晴らしいレビューによって、この作品が蘇った気がしました!・・お薦めしておきながら実は私カンペキ^^;全編忘れてます(笑)・・こんなに素晴らしい作品だったのですね。しっかり観たのですよ20ウン年前^^;。でもとにかく「良かった◎」て思いが間違いなくあった訳です。
その頃名画座?に観にいったのですが二本立か何かだから観終わってから一旦トイレへ行ったのです。このエピ印象深いのですが;トイレがずらっと並んでいて沢山の人が皆黙ってドア前で待っているのですが皆、み〜んなです;鼻をぐすっぐすっ☆すすっているのでした〜(笑)みんなダダ泣きです。あんなに休憩時間のトイレで皆が泣いていたのは、後にも先にもあの時だけでしたよ。^^;
是非、そのタイロン・パワーの頑張った指先さばきとカーメン・キャバレロの演奏を、私も近々鑑賞してもう一度確認してみますねー!^^
Posted by フラン at 2008年05月09日 21:26
私もフランさんから勧められた時本音は「古い映画だしなあ」とちょっぴりというよりかなり侮ってました。いやもう泣いてしまいますよ〜これは!!
映画で感動ってこういうのを言うのではないのか、って思いました。
技術に感動し、心にも感動しました。
なんだか勿体ないですね(笑)こんないい映画を今はもうみんなが観ないなんて。
あーもう観て観て!って感じです。スゴイCGなんかなくても映画って物凄い力を持ってます。
最後のシーンは忘れられませんねえ。
Posted by フェイユイ at 2008年05月09日 23:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。