映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年05月17日

『ダンシング・ハバナ』ガイ・ファーランド

dancing_havana1.jpg

キューバダンスと言うことで『サルサ!』と比べられがちのようだが、まったく意味合いが違うと感じた作品だった。

『サルサ!』にはキューバとサルサへの愛情が溢れているが、こちらはいかにも『ダーティダンシング2』という企画のもとに作り上げられていった、という印象だけである。

セクシーな激しいダンスという1弾めに続く企画ならキューバダンスにしてキューバとアメリカの歴史も織り交ぜうまくスパイスにしてしまおう、という戦略なのだろう。
だがそこはさすがにハリウッド映画。観客はアメリカ人なのだから、あまり辛味が効き過ぎて逃げられてしまわないよう、巧みに味わいをよくしている。
キューバ人がアメリカ人に差別されているとはいってもどれほど酷いものだったかとか、何故カストロがアメリカ企業を追い出すのか、などの説明はされてはいない。
しかもハビエルの兄が革命のためにダンス会場を滅茶苦茶にしたり、暴力を振るわせてハビエルに「殺人を犯すなら(アメリカ人や政府側と)同じことだ」と革命派をハビエルに批判させている。
アメリカ人側は最初の「田舎者」と言った女の子の台詞以外はハビエルに対しそんなに酷い差別態度を取っていないことや二人のダンスをやめさせるような行為をとらせていない。あくまでダンス大会を破壊してしまったのはキューバ人の方なのである。そのことはアメリカの観客は余計な自己批判をすることなく映画を楽しめるし、アメリカ人がそんなに悪い連中ではないと信じて観ていく事ができるだろう。

ハリウッド映画という物がいかに巧妙に製作されているのかがわかる興味深い一作だった。

そんな中でメキシコ人のディエゴ・ルナも上手く利用されている気がしてしまう。彼はメキシコ人なのだが。アメリカ人にとってはキューバ人もメキシコ人もそう変わらないんだろう(日本人の芸者も中国人がやって当然の如く)
彼があまりにキュートであるだけにその魅力がいいように扱われているのが腹立たしくもある。
結局アメリカ人にとってキューバ人やメキシコ人はセクシャルな意味合いだけの存在ということなんだろうけど。

表向きはいかにも爽やかなアメリカ白人女性(金持ち)とキューバ男性(貧乏人)の純愛ということなのだが。
この映画、アメリカではどんな評価だったのか、またキューバ人に見せたらどんな評価なんだろうか。

ディエゴ・ルナが可愛くて可愛くて。まさに白人女性のためのセクシーボーイという役割りをあてがわれているのが悲しい。
昔は殆どこれの男女が逆で白人男と現地の美少女が恋に落ちると言うセクシャルな欲望を満たす映画がいくつも作られていたのだろうが。男女が逆になったからと言ってその意味合いは変わらない。

パトリック・スウェイジが出演させられているのも戦略の一つか。

監督:ガイ・ファーランド 出演:ディエゴ・ルナ ロモーラ・ガライ セラ・ウォード ミカ・ブーレム ジョン・スラッテリー パトリック・スウェイジ
2004年アメリカ


posted by フェイユイ at 00:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これと比較して『サルサ!』の素晴らしさが際立った、というだけでしたね^^;〜私はルナルナのお顔見てただけなんで、「利用されるメキシコ人役者」との感じは持たず、却って「ルナルナもアメリカ資本の映画に(たとえ安易な内容であっても;)カオを売るため☆頑張らなくっちゃね〜」などと思いつつみてました。フェイユイさんのきびしいご意見、新鮮です。^^
その後ルナルナが出る! と喜び勇んでみたハーモニー・コリン監督『ミスター・ロンリー』がまた↓つまらなくて・・(^^;)かろうじて今の所『クリミナル』が一番ルナルナの魅力を生かしてるか。。イヤしかしやっぱり、『天国の口、終りの楽園』には敵わない、ですね。
Posted by フラン at 2008年05月18日 14:46
記事はこんな風に書いてしまったんですが,観てる間は結構楽しんでいて「フランさん、悪く思いすぎじゃ」などと思っていたのですよ!なのに書き出したらぼろぼろに。
書くことで考えてしまったんですねー、きっと。記事を書いたりしなければ「なかなか可愛い映画だった」とだけ記憶したかもしれません。
私は観てる間と書き始めてからとがらりと変わってしまうことがよくあります。逆もありますね。
ディエゴ・ルナはたっぷり観れてしかも少年のように可愛かったですね。
『天国の口、終りの楽園』はほんとによかったなーと改めて思います。
ところで私は明日辺り『ナイン・シガレッツ』を観る予定ですが、フランさんは鑑賞済みですか?
私は未見なので内容は記事の時にお願いしたいですが(笑)
Posted by フェイユイ at 2008年05月19日 00:29
おおおおー☆私、この作品はDVD化失念していました!日本劇場未公開だから意識から外れてて;;でも、借りられるのですね!今日ツタヤへ走りますー!・・パッケージの写真も可愛いし(殴)相当評価された作品みたいですねッありがとうございます!・・フィイユイさんが評をお書きになっても自分が見るまで楽しみに読まずにとっておきますワ〜!!^^
Posted by フラン at 2008年05月19日 08:39
連投スイマセン;;2月に『ミスターロンリー』観て以来、ルナルナ以外にも忙しく(笑)していて気付かぬうちに、なんとルナルナ、女の子のパパになっていた!そしてな〜んと今月始めにガエルもパパ(まだオナカの中?^^)になっていたのですね!〜ルナのお相手は昨年ガエルと二人でプロデュースした映画の出演者。本当にガエル&ルナったら仲が良いナア〜マットとベンみたい☆ほぼ同時期にパパになるとこなんかも、そっくりですわぁ、これでガエル家も女の子だったりしたら・・(^^)
Posted by フラン at 2008年05月19日 10:33
度々失礼致します。。ガエルもルナも、お相手とのお子さんはまだオナカの中☆でした〜・早とちり(笑)。
Posted by フラン at 2008年05月19日 10:56
『ナイン・シガレッツ』二人とも未見ということで鑑賞楽しみですね。さてお互いどういう感想になりますか(笑)

おお!二人ともパパに!私は知りませんでしたー。
マット&ベン同様こちらの二人も仲よしでこれからの活躍も期待大です!
Posted by フェイユイ at 2008年05月19日 20:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。