映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年06月04日

『リアリズムの宿』山下敦弘

リアリズムの宿2.jpg

この原作がつげ義春だとは知らずに観てて(いつもの台詞だなあ)途中でそれだと感じた、などということはなく、後で知って「あー、そうかーなるほどー」とやっと思い知ったわけである。
つげ義春のこの作品は読んでなかったのでそんな次第だったのだが、確かにこの間の取り方や笑い方などはつげ義春の持ち味を感じさせる。

映画を観て笑う、というのは実際そうないものだがこの作品はほんとに何度も笑ってしまったのだった。
このブログに『放浪記』とつけるほどで放浪映画が好きな自分なのだが、この映画も放浪をする。ただし酷くみみっちい放浪で多分移動した距離はそう大したものではないはずだ。
それでもなおどうなるのかわからない、どこへたどり着くのか見当もつかない放浪なのである。

いちいち「そうだよなあ。そういう感じわかるなあ」などと感心してしまうのだが、ほんの顔見知り程度で見知らぬ田舎の宿を転々としていく二人の若者のどうにも情けない内容の話しぶりがおかしい。
旅の中味はまったく羨ましくないものなのだが、こういう何の意味もない時間を持つ、なんていうのをもう何十年もやってない自分には彼らの無為な旅が羨ましいのである。無駄にさえ思えるその会話も。

気詰まりな二人の関係がひとりの少女の唐突な出現によって途端に生き生きとした意味を含んだ道中に変わってしまう。
そしてまた少女の唐突な退場によって二人の間は落ち込んでいく。
上手くいかない苛立ちと諍いのうちに宿泊することになったのが普通の民家なのだが、恐怖に陥ることになってしまう。といってもとんでもないことではなく、いかにもありそうでそれでいて実際にそう状況になったらまさに恐怖である、というものなのだ。

『ユメ十夜』『リンダリンダリンダ』と観てきたが、これが一番面白かった。前の方ほど面白いのがちょっと気にはなるが^^;
明日は『松ヶ根乱射事件』を観る予定なのでそこで何か感じられそうで楽しみである。

監督:山下敦弘 出演:長塚圭史 山本浩司 尾野真千子 尾野真千子 多賀勝一 サニー・フランシス 山本剛史
2004年日本


ラベル:放浪
posted by フェイユイ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。