映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年06月06日

『神童』スペシャルディスク

神童 特典.jpg

随分遅くなりましたが『神童』スペシャルディスクを観てみました。
メイキングを観ていると、好きになった映画のメイキングではいつも思うことなのですが、作り手側の作品に対する情熱を感じてそれだけで打たれてしまいます。多分クラシックという分野にそれほど入り込んでいなかったはずの人々がそこから受ける感動を映像として完成させていくく様子がまた感動的です。

うた役の成海璃子は松山ケンイチとまったく違い感覚的に演技をしているのがその役のままのように感じられて面白かったですね。
松山ケンイチはいつもどおりの熱心な打ち込みぶりでピアニストの清塚信也さんに全幅の信頼を寄せているのが伝わってきます。これを機に彼らが仲良くなったのも頷けますね。
まったくピアノを弾けなかったはずの松ケンが音にあわせて指を滑らかに動かしていく場面は感動的ですらあります。
清塚さんが松ケンさんのことを心から褒めているのが嬉しく思いました。
映画の場面ごとの説明があるのですが、思い出してしまいます。うたがワオの指を暖めてあげるシーンやうたのコンサートの音を聞いてワオがうたの心を感じるシーン、そして最後の二人で寄り添ってピアノを弾くシーンは特に音楽のように響く場面でした。
原作と比べるとその違いに反感を持つこともあると思うのですが、確かに原作は全く違う凄さ、があります。ただこの映画は二人の音楽を愛する人間が共鳴しあう部分に焦点を絞って物語られているのでそこに感動できればいいと思うのですが。

舞台挨拶もなかなか面白くてケンイチくんは監督と初めて会うとき凄くダサいチェック柄のシャツを着て行ったというのですがこれは浪人生らしい格好を演出しての考えだったらしいのですがあまりのダサさに監督がドン引きしていた、というのがおかしかったです。
ここでも自由に演じた鳴海さんと悩みに悩んで演技する松山さんとの違いが語られていました。
でも鳴海さんはいつもピアノの練習を欠かさなかったのに松山くんはぼーっとそれを見ていただけらしかったのもおかしかったですね。多分裏で練習するタイプですね彼は。
舞台挨拶の時は急にかっこよくなってしまうのも松ケンの特徴です。

最後に監督と清塚さんのトークショーで松山くんについて話すところでも清塚さんと松山くんが一体になってワオという青年と彼の音楽を作り上げていった、というのがすてきでした。
清塚さんの腕の動かし方を松山くんがじーっと見つめてそのとおりに動かしてみせていくので最後にはまるで清塚さん自身が弾いているかのように見える、というのが凄いです。
それにしてもやっぱり松ケンさんは清塚さんに初めて会った時はすごい無愛想だったらしくてこんなんで大丈夫かなと彼が思ったそうなんですが次第に心を開いていったというのがいつものケンイチくんらしい内気さでおかしかったです。

これを観てるとホントに色んな人が思いを込めて音楽映画を作り上げていったことが感じられてもう一度観たくなってきました。




posted by フェイユイ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 松山ケンイチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【松山ケンイチ】についてブログや通販での検索結果から見ると…
Excerpt: 松山ケンイチ をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…
Weblog: 気になるワードを詳しく検索!
Tracked: 2008-06-07 03:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。