映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年11月08日

2009年10月29日

久々にジェイの歌声!Cindy袁詠琳&周杰倫「畫沙MV」

jay1324.jpg

すっかり最近ご無沙汰で詳しく書けないのですが、歌うジェイです!!
ジェイの事務所からデビューする新人歌手さんの為のデュエットなのですねー。

Cindy袁詠琳&Jay Chou周杰倫-畫沙MV

posted by フェイユイ at 00:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

ジェイ・チョウ主演映画『刺陵』トレーラー

phpGYlHF9.jpg21306332.jpge0137338_21414540.jpg



ひっさしぶりにジェイ主演映画『刺陵』情報。中文版予告です。
すっごく面白そうではないですか!!!
一気に熱くなってきました!!

posted by フェイユイ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

故ブルース・リーが演じた『グリーン・ホーネット』のカトー役はジェイ・チョウに決定!

故ブルース・リーが演じた『グリーン・ホーネット』のカトー役はジェイ・チョウに決定!

今初めて知った、わけじゃなくて聞いてはいたけど本当かなあ、なんて思っててやはり本当なのですね!!!!
他のジェイ迷にとっては何だ今頃ってな記事ですが。

いやなんかどきどきしてきました。
このジェイの写真がちょっと可愛い(笑)
posted by フェイユイ at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

リン・チーリン, ジェイの「言葉責め」に遭う?

<リン・チーリン>ジェイの「言葉責め」に遭う?

刺陵.jpg

久しぶりのジェイ情報。というほどのことはないが(-_-;)
チーリンさまがお美しくてジェイがかっこよかったからアップしてみました。服装も好きです。
仲よさそうですねー。やっぱお姉さまがお好き?かも。
『刺陵』楽しみだなあ。
posted by フェイユイ at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

ジェイ&チーリン主演映画『刺陵』

ジェイ&チーリン主演映画『刺陵』、アンディは出演断念

アンディが出演できないのは残念ですが、代わって出演が陳道明!私的にはこちらがうれしいかと(笑)
勿論、陳道明といえば素晴らしい役者さんですが、それにしてもジェイ&チーリンと比較した出演料の差が激しすぎる。
そんなものなのですねえ。
 
それにしても彼の出演で格調高くなるような。どんな作品になるのでしょう。
posted by フェイユイ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

『王妃の紋章』張芸謀

王妃の紋章.jpg
満城尽帯黄金甲

絢爛豪華な画面を眺めながら何かを考えたいと思うのだが何も思い浮かばないのだよねえ。

やはりこれも観て感じる映画ということなのだろうか。
何故邦題が『王妃の紋章』なのか?ということもよく判らない。原題の
『満城尽帯黄金甲』であればなるほど黄金の鎧を身につけた反逆者たちが王の城を埋め尽くすようなあの黄金の場面にうなづけるし、まだしも英題『Curse of the Golden Flower』黄金の花の呪い、ということでこれも判る。
まあこの物語は王妃の復讐譚であり、最後の毒薬で焼けた痕が紋章ということなのだろうか。
黄金に埋め尽くされた映像が凄い。コン・リーの化粧も黄金色である。
ギリシャ神話で手に触るものが皆黄金になってしまうミダス王というのがあるがあれと同じくこの物語の王も大事なものをすべて失ってしまう。
コン・リー演じる王妃の復讐心というのはどこから生まれたのだろうか。王は地位を得る為にだけ彼女と結婚したがその心は皇太子の母親である女性にだけ向けられていた。
コン・リーは皇太子と肉体関係を持つことで王にもその元妻にも腹いせをしたのだろう。そして何故か王は長年王妃に飲ませていた薬に10日前からトリカブトを少量混ぜることにし少しずつ弱らせて殺すことにしたのだ。
王妃の復讐心はより強いものとなり皇太子と恋仲になっていた少女とが同母の兄妹であるとばらし、皇太子を死に追い詰め、三男は無視される苛立ちで父王に反抗する。可愛がっていた我が子である第二王子も結局は復讐の為に利用したに過ぎない。だが第二王子は父王に苦しめられる母を見て「力が及ばなかった」ことを嘆き自害する。王は愛する女性も3人の息子も一度に失くしてしまう。
愛のない結婚をして女性を貶めた男はこうなるのだという怖ろしい話なのだ。

王妃のコン・リーの美しさは目を奪われる。息を飲んで震える唇が魅惑的である。
第二王子を演じたジェイ・チョウは自身も有名なマザコンであるからしてこの役はまさにぴったり。母親のために身を投げ打って戦う姿は彼自身の姿とも重なってしまう。母后を心配そうに見つめる眼差しには切なくなるものがあった。
皇太子を演じたリウ・イエは情緒不安定で頼りない風情が痛々しく見捨てられた状態の第三王子と共に憐れな存在だった。

遠い昔、このような物語がありました、というような雰囲気で語られている気もするし、現在でも同じような物語はあるのだとも思う。

監督:張芸謀 出演:周潤發 鞏俐 周杰倫
2006年中国
posted by フェイユイ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

『カンフー・ダンク!』チュウ・イェンピン  

カンフーダンク.jpgカンフーダンクbb.jpg

この映画の感想はすでに台湾版DVDを観た時に書いてしまった。その時は無論言葉が正確に理解できているわけもなかったのだが、それでも自分にとってはジェイファンだという身贔屓を持ってしてもまったく面白いと思えなかった。むしろ苛立ちさえ感じてしまったのだった。
今回は日本版鑑賞なのでもしかしたら自分の勘違いで言葉さえ理解できたらとても面白いのかも、という期待もありその場合は前言撤回で謝罪しようと思っていたのだが、願いも空しくさほど感想が変わることはなかった。無論内容が把握できた分だけ不満に確信が持てただけだ。

一体何が不満なのか。他の評価を見てたら結構面白かったと好意的に言われている方も多く、ジェイファンとしてはそう感じてもらうことには感謝したいくらいである。が、自分としてはこの作品を楽しめないのだ。
映画を観る時、期待するのは『意外性』だ。
特にこれみたいなハチャメチャコメディにとっては『意外性』が最も重要ではないか。
シリアスな映画でも「こんな考え方感じ方があるんだ」という意外性が自分にとっては一番の興味があるところなのだ。
そういうのを満足させてくれるのが、私にとっては「面白い映画」なのであって、チャウ・シンチー、三池崇史、ルイ・マル、キム・ギドク、チャップリン、黒澤明、デヴィッド・リンチ、シリアスにしろコメディにしろあっと驚かせてくれる映画を作ってくれるではないか。
この映画だと自然と思い浮かべてしまうのはチャウ・シンチーの『小林サッカー』だが、あの映画を観た時はあっと目を見張って最初から最後まで笑いっぱなしの驚きっぱなしだった。
本作があれの2番煎じなのは誰が観ても判ることだし、しかもあの映画のどこをとっても勝っているものがない。
おかしいかと言えば声を出して笑うシーンなんか一つもない。
アクションもおかしさも劣っている上に何かこれという奇抜さも特徴もないではないか。
まあ強いてあげればジェイの音楽に乗ってのバスケシーンは確かにちょっと見せてくれるものはあるがMVではないのだし、映画ならばそれ以上の何かの衝撃・感動を求めてしまってもいいだろう。
正直褒めてくれた皆さんホントに面白かったのかな、と思ってしまうのだ。
同じジェイの『イニシャルD』の峠バトルを実写にした凄さだとか、ジェイ監督作品『言えない秘密』の謎、『王妃の紋章』の絢爛豪華さのようなその映画の他にない魅力というのが自分には『カンフー・ダンク!』からは感じられないのだ。あるのは予定調和な当たり前の筋書きとアクション。定番の設定と終わり方。脅かし方も泣かせ方も全部がよくあるパターンでありすぎて一体これを楽しむにはどうしたらいいのだろう。えっと驚くものが何一つないのだ。
演じている俳優陣はエリック・ツァンがいいのは当然としても、チェン・ボーリンが凄くよい。彼がまったく手を抜かずに決めてくれているのでそこだけが救いと思える。
とにかく製作側が酷すぎるというかテキトーなんだな、とため息をつくしかないのである。

少なくともこれはコメディとは思えない。これがめちゃくちゃだとか、荒唐無稽だとかぶっ飛んでいるだとかは感じない。常識の域を越えてない。

ラスト、どうしてこれでいいのかわからない。やっつけで適当に片付けただけのようだ。

一縷の望みも消され、コメディというのに空しい気持ちだけが残った。

監督:チュウ・イェンピン  出演: ジェイ・チョウ, チェン・ボーリン, バロン・チェン, シャーリーン・チョイ, エリック・ツァン
2008年 / 台湾/香港/中国

posted by フェイユイ at 22:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

届いた!観た!『龍戰騎士 (2DVD)』

龍戰騎士3.jpg龍戰騎士4.jpg龍戰騎士2.jpg

届きました!ジェイの新MV集『龍戰騎士 (2DVD)』
早速観ましたよ!!
さてかっこいい龍戦騎士に扮したジェイが表紙を飾るBOXを開けますと、写真集と待ちに待った2枚のDVD。そしてその下に噂のペンダント。
龍戦騎士のジェイの胸を飾っているペンダントと同じもの(っていうのはなんだけど^^;)ですねー。これはなかなかかっこよくてマジでつけてみてもいいですね。街中に龍戦騎士の仲間を増やそう!
なんて言いつつ、2枚のDVDを続けて観ました。

ところで何故前回の『我很忙 Music Video DVD』は発売されなかったのでしょうか。
ここんとこすっかりジェイ情報から離れてしまった私なのでこれは想像に過ぎないのですが『我很忙 Music Video』の出来があまりよくなくて完璧主義のジェイとしては発売したくなかったのでは。と思ってしまうのです。
とにかく『我很忙』MVはCDに付録されていた分とネット動画で僅かに観ただけですが、こうやってDVDとして観ているとこれまでのジェイのMVに比べるとなんとなく力が入っていない、というのかそれこそ忙しくて手が回らなかったみたいなやっつけみたいな印象を受けてしまうのですよね。
ジェイのMVはとにかく音楽同様独創性に優れていましたからそれと比較すると『我很忙 Music Video』はなんとなく疲れて作ったみたいで当たり前的なMVが多いのです。
特に『魔杰座 Music Video DVD』を観るとその差が歴然とします。
付録されている写真集を見ても圧倒的に『魔杰座 Music Video』の写真が多いのも新しい分だから、というだけではないように思えますね。(アリス・ツォンがカットされているのはファンがあまり見たくないからなんでしょうか?)
私的に好きなのは『牛仔很忙』『無 雙』『扯』くらいでしょうか。他のはあまり見るものがない、というか『彩虹』で車に腰掛けて歌うジェイと『陽光宅男』のジェイのファッションは好きですが『我不配』なんかは見たくないんですよね。他も力がない。

それが『魔杰座』MVになるとかつてのMVを彷彿というかはっきりとよくなっているのがわかりますねー。
もう全部好き、というと適当すぎるかもしれませんが全部いいし、ジェイらしい。
冒頭の『龍戰騎士』はジェイがずっとやっているアクションものでSFというよりゲーム世界ですね。
CDを聞いているうちに好きになった『流浪詩人』はどうなるのかなと思ってたらステージで歌うナチュラルなものですがこれもただライブを映したものじゃなくてかっこいい。これはジェイの自然な表情が見えているしかっこいいです。とにかく歌が凄くいいんですよこれ。大好きです。
『魔術先生』と『喬克叔叔』がこのMVの中でも特徴的だと思うのですがコミカルな『魔術先生』となんだか妖しげでジェイにしてはすごく色っぽく危険な雰囲気を出している『喬克叔叔』これがいつもとは違うジェイでよいですねえ。どちらも美女と絡む演出になっていますが照れ屋のジェイなのでかなり頑張ったのではないでしょうか。どちらも素敵です。女性に襲われているように見えてしまうのが可愛いですし。この二つは何回も観たくなる魅力がありますね。もっと褒めちぎりたいです。
『稻香』『花 海』の情緒路線も綺麗ですし『蛇 舞』ダンスも凝ってて楽しい。『給我一首歌的時間』『說好的幸福呢』『蘭亭序』歌もMVもジェイらしい魅力溢れた仕上がりで堪能しました。

うーん、というわけでこの『魔杰座』MVが満足いく出来栄えだったので前回の『我很忙』と合わせて発売することになったのではないかと一人密かに思うのですが、どうなんでしょうか。
とにかく2枚いっぺんに幸せを味わえて至福でございました。
posted by フェイユイ at 22:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

王家衛『一代宗師』でブリジット・リン復帰?!!周杰倫も?!?

王家衛『一代宗師』でブリジット・リン復帰?!!周杰倫も?!?

えええ??!!!
大興奮だが待って待って!
私はもう記憶というのがつい昨日も定かでないのだが、この前ジェイが自作映画でブリジットを使いたいと言ってなかったっけ。
で、王家衛でブリジット復帰。しかもジェイ共演ですかー???!!!
いやそれにトニー・レオンもなんですが。はー、物凄すぎてなんも言えん。じゃなくて早く観たーい!!!
絶対決定完成して欲しいです!
ジェイ監督でもブリジットと共演お願いします(笑)

しかし、王家衛映画にジェイが出るなんて・・・・泣きそう。
どうしよう。
震えてきそう。
どんな役なのか。どんな映画なのか。
男装の麗人だしなブリジット。

それにしてもこの『一代宗師』黄百鳴のそれもあって王家衛監督との間で争いになってたんですよね。どうなったのでしょうか。

とにかくうまくいって欲しいです!
posted by フェイユイ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

絶世美女リン・チーリン、結婚棚上げで望む2作目映画!ジェイ・チョウの姉さん女房に

絶世美女リン・チーリン、結婚棚上げで望む2作目映画!ジェイ・チョウの姉さん女房に

ジェイの相手役候補として韓国女優とか周迅だとか噂されていたアレですね。
私は『レッドクリフ』未見ですが、なんとリン・チーリンとは!
なんだか嬉しいような怖いような?!(笑)
周迅だったらいいなあ、と思ってはいたのですがリン・チーリン共演というのも気になります。
いや凄いですね。
posted by フェイユイ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

周杰倫、生日快楽!!!

ジェイ、30歳の誕生日おめでとうございます。

記事が多くなってしまいましたが、新MV発売、2008年度・北京流行音楽典礼で4賞受賞など30歳のバースディを飾る華々しさです。
ドラマ進出、映画も数々出演など活躍の場も広がっていくジェイ。
30代になってますます上昇していくばかりですねー。

ジェイが仕事でもプライベートでも充実してハッピーでありますように!!
とりあえずMVが届くのが待ち遠しくてたまりません!!

2008年度・北京流行音楽典礼で4賞受賞

ジェイ・チョウの新MV、30歳のバースデーに公開
posted by フェイユイ at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

中国最大の音楽賞、ジェイ・チョウが人気歌手賞に!

中国最大の音楽賞、ジェイ・チョウが人気歌手賞に!

お誕生日を前にしての受賞おめでとう!写真がかっこいいので大きく写ってる方にリンクしてみました。
待ちに待った『龍戰騎士 (2DVD)』も予約したし、一月の寒さを吹き飛ばすようなジェイですねー。
posted by フェイユイ at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェイ・チョウ 新MV!!

ジェイj.jpg

龍戰騎士 (2DVD) yesasia

我很忙+魔蠍座20首mv精選 HMV

もー首を長くして待ってました(泣)
即予約、ですね!!
posted by フェイユイ at 01:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

ジェイ・チョウがドラマ界に進出、南拳媽媽主演でファンタジー作品

ジェイ・チョウがドラマ界に進出、南拳媽媽主演でファンタジー作品

ますます映像の世界へと進んでいくジェイです。「熊猫侠(仮)」ですか?!(笑)
日本語タイトルだと『パンダカンフー』じゃアレとほぼ同じだし^^;

いやはやとにかく楽しみですね。自分はきっとかっこいいとこ決めるんでしょうねえ。クールな悪役もいいかも。


posted by フェイユイ at 14:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

2008年12月01日

ジェイ・チョウの新曲、替え歌になって流行中!

ジェイ 巡回中.jpg

ジェイ・チョウの新曲、替え歌になって流行中!

ジェイが面白がっているというのがいいですね。
どんな歌詞なのかなあ。
posted by フェイユイ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

ジェイ・チョウ最新作は歴史アクション、恋人役は韓流人気女優

ジェイ・チョウ最新作は歴史アクション、恋人役は韓流人気女優

袁和平監督の最新映画「蘇乞兒」とはまた別にこういうのも。時空を超えてモンゴルにっていうのがなんとも。
いい作品になることを願います。いや期待しますぞ!!!!
posted by フェイユイ at 08:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

周杰倫『蘇乞児』造型

武神ジェイ.jpg武神ジェイ2.jpg

周杰倫『蘇乞児』造型
武神だ。長髪だ。
“雷震子”って『封神演義』に出て来たけど、あれに似てるんだ?
とにかく楽しみ〜。

こちらも
ジェイ・チョウ 名人悩ませた「武神」衣装公開
posted by フェイユイ at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

映画『蘇乞児』の衣装合わせ:周迅は地味すぎる?

映画『蘇乞児』の衣装合わせ:周迅は地味すぎる?

「周杰倫(ジェイ・チョウ)は長髪にマント姿で“神”の風格を漂わせている。」
すてきではありませんか。早く観たい〜。長髪だ〜。
勿論主役の趙文卓(チウ・マンチェク)もね。
そして周迅。物乞いの女性。なにせ周迅と言えば『射[周鳥]英雄伝』で物乞いのボスでしたからねー。それでも美しさは変わりません。

このようなものも
『蘇乞児』10変化
posted by フェイユイ at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 周杰倫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。