映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年04月01日

「ブエノスアイレス 春光乍洩/Happy Together」王家衛

tk.jpg

どうしようもなくたまらないほど好きな映画というのが映画好きならあるだろう。

私にとってはこの「ブエノスアイレス」なのだ。この映画についての思いは「藍空」でも書いているのだけど自分としてはまったく言い足りてないし、何度書いても多分言い尽くせないと思う。

この映画を初めて観た時は震えるような思いだった。レスリー、トニー、チャン・チェンという人物を全く知らなかったので余計にこの映画の世界に陶酔しきってしまったのだ。
だが彼らを知った今見直してもその魅力が変わることはない。

ショッキングな冒頭部分を抜けてファイ(トニー)とウィン(レスリー)がアルゼンチンでイグアスの滝へと向かう途中道に迷っている。
「地図が読めないのか。道が違うぞ」と責めるファイにウィンは「引き返して正しい道を探せばいいさ」とあっさり答える。
二人の関係はまさにこの言葉に表されている。いつもいきあたりばったりで計画性がないウィンにうんざりするファイと絶えずやり直しを求めるウィン。
目的地であるイグアスの滝へたどり着く事が出来ず彷徨う二人。
香港の裏側の世界でやり直しを試みた恋人同士。そこにいるとまるで地球にいるのは二人だけのようだ。

「ブエノスアイレス」を観た者はその音楽に酔わせられる。
バンドネオンの音色。カエターノ・ヴェローゾのささやくような歌声。
ファイとウィンを映した印象的な映像とこれらの音楽が溶け合って記憶を残す。

わがままで自堕落なウィンはなんて可愛らしいんだろう。ファイが彼から離れられないのはしかたない。
観光客相手に懸命に働いて帰国の為の金を稼ぐファイの前で白人の男と車に乗り込むウィン。見送るしかないファイを後にして煙草の煙を吐き出すウィンの横顔に見惚れる。
白人男から両手を潰されファイの所へ逃げ込むウィン。ファイに倒れ掛かり血だらけの手を見せるウィンの傷ついた姿の美しさ。魔法にかかるようにウィンの魅力にとり憑かれていくしかないのだ。ちやほやされていた時はファイを見捨てていたくせに困ったときだけすがり付いてくるこの身勝手な小悪党に参ってしまう。
両手に包帯を巻いて何もできないといった風情。ファイとタクシーに乗り込み、ちらりと彼に目をやる。ファイは煙草をウィンの口に持っていってやる。ウィンの勝ちだ。ファイはもう逃れられない。ウィンはファイの肩にもたれる。幸せにひたっているのはファイの方なのだ。だが同時にこれから起こる悲劇にも気づいているはずなのだ。
ファイは後で告白する「ウィンの手の傷が治らないよう祈った」と。「幸せだったから」
高熱に脅かされている時にすら食事を要求する子供のようなウィンを愛していたファイ。甲斐甲斐しくわがままなウィンの世話をしている一見滑稽なこの一時期がふたりの幸せな時間なのだった。
そしてまた観る者に深い印象を与えるウィンとファイのダンスシーン。狭いキッチンで寄り添い体を揺らしている二人の男。荒涼とした外の景色が映される。
きつく互いを抱きしめる。そうしなければ生きていけないかのように。二人が離れてしまうかのように。

行き場のない破滅的なウィンと対照的な存在がチャンである。ファイの物語は次第にウィンからチャンへと移っていく。
目で見るものより耳で聞くものが信じられるという不思議な若者をチャン・チェンが爽やかに演じている。
チャンが就業時間が過ぎてるのに仕事場の調理室に残ってせっせと器具を拭いている場面がなぜか心に残っていていつも思い出してしまうのだ。ウォン・カーウァイの映画には奇妙な感覚の持ち主、というのがよく登場するがこの作品では彼である。
チャンとファイの関係というのはよくわからないものなのだけど「会おうと思えばいつでも会える」という言葉に希望を感じさせる。

この映画のもう一つの魔法は美術で二人の住む部屋をはじめ美術が秀逸である。役者、音楽、美術、ストーリー、すべてが愛おしい、ということなのである。

レスリーの為の鑑賞だったのに彼についての記述が少なかったかも。
私はどうやら好きな人ほどうまく褒めきれないし言葉に出すのも怖くなる節があるようだ。
様々な作品で多種多様な顔を見せるレスリーを愛する自分だが、この作品のウィンは別格なのだ。
レスリー自身はこのウィンのような性格ではない、とこぼしていたみたいだがその上でこのウィンを作り出してくれたレスリーに感謝したい。
このたまらなく可愛らしい悪党に心奪われないものがいるのだろうか、と自分は思うのである。
実年齢はもう若いという域ではないにも関わらず少年を思わせるような心細さ、永遠に大人になりきれず行き場もなくさ迷う魂を持つウィンを愛さずにはいられないのだ。

監督:王家衛 撮影:杜可風 美術・編集:張叔平 出演: 梁朝偉 、張國榮、張震 
1997年香港




posted by フェイユイ at 23:30| Comment(2) | TrackBack(1) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月1日、張國榮の命日

4月1日、レスリー・チャンの命日。
恋をして怒涛のような日々をすごし、彼の死を聞いた時は本当に信じられなかったし、今でもちょっと疑っているかも。

彼に出会わなければ自分の人生はまったく違うものになっていたのは確か。
仕事柄毎年この時期はとても忙しくていつものように映画をゆっくり観れないのだけど。
今夜はレスリーの映画を久し振りに観てみよう。
そう思うだけで血が巡っちゃうね。
posted by フェイユイ at 01:16| Comment(2) | TrackBack(1) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

「インファナル・アフェアIII  終極無間」アンドリュー・ラウ/アラン・マック

インファナル・アフェア?V.jpg

以前一度観てなんだかよく判らず泣き再度挑戦。今回非常に面白く観れましたが理解したかどうかは不明。
ただ、他の評価で「Vはどうも」というのがよく見られるようですが、今回観て凄くよくできていたと確認しました。しかし「今までの謎が解明」というわけにはいかなかったようです。

私としてはVの魅力は大陸マフィアのシェンに尽きる。さすが皇帝を何度もやった方だけあってその迫力・存在感は他の役者の比ではございません。「インファナル」での香港俳優たちがいかに力いっぱい思い入れを込めているかはびんびん伝わってくるのですが、陳道明がふらりと現れるだけ、サングラス越しにこちらをみているだけでソクソクと背筋が寒くなるような緊張感があるではありませんか。しかも彼自身も二つの顔を持ち、マフィアとして登場しながら中国公安であるという。そして黒社会のボスである時の彼の表情と公安としての眼差しの違い。ほっそりとした長身でありながらこの貫禄この威圧感。いつも見ていた皇帝様がこんな影の存在であることがぴたりとはまっているとは。このシェン=陳道明だけでもインファナルVを観る価値あり。

ストーリー・場面構成・演出と時間と現実と虚構が織り交ざり凝りに凝ってて実に楽しい。が、複雑すぎてぱっと見判らない部分も多いのだが。その判りにくさ加減も見ごたえになっているのかも。
Vで表現されたヤン(トニー・レオン)の明るく楽しげな様子でありながら確実に殉死へと向かう運命。着々と自分の意志で「善人」になろうと努力しながら地獄へと堕ちていくラウ(アンディ・ラウ)の比較が面白い。ここに絡んでくる新しい登場人物ヨン(レオン・ライ)がまた最高に面白い(こればっかりだ!)
このヨンなる人物が一向にはっきりせず謎が謎を呼びっぱなしである。善なのか悪なのか、つまりこの話に登場した主要人物4人はどれを見ても善悪がつかめない人物なのだ。そして特にラウとヨンの騙しあい探りあいが静かなまま進行していく。
最後はラウが最大の悪知恵を働かせ気の狂ったふりをしてヨンを殺害し自らは身障者となり生き延びていく。こうして彼は善人になりたいと渇望しながらも暗黒の世界で生涯をすごさねばならないという地獄に堕ちる事になるのだ。おもしろい。

小細工があちこちに仕掛けられていてあきさせない。ラスト、ヤンとラウが出会う場面もいい。

監督:アンドリュー・ラウ/アラン・マック 出演:アンディ・ラウ、トニー・レオン、陳道明、レオン・ライ、黄秋生、エリック・ツァン
2003年香港
ラベル:黒社会 警察
posted by フェイユイ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

「インファナル・アフェアU無間序曲」アンドリュー・ラウ アラン・マック

インファナルアフェアU.jpg無間序曲.jpg

眼鏡をかけたインテリ・ヤクザなハウ(呉鎮宇)の物語であったなと。
UはTより時間を遡ったもの。香港の中国返還という時代性も織り交ぜながら若きヤンとラウ、そしてウォンとサムがどういう経緯であったかが描かれる。
香港マフィアの大ボスであった父・クワンが亡くなり、後を継いだハウは造反を目論んでいた4つの組織のボスたちの弱みを握って結局配下におさめてしまう。もう一つの組織のボスであるサムはそんなハウの動向を見ながら巻き返しを図っている。
誰が敵か味方かいつ誰がどうなるか気を抜く事のできない恐ろしさ(観てる方としては面白さ)しかしマフィアに潜入させられている警察がヤンの他にもたくさんいるみたいだし、7年もハウの傍にいた男が警察だと見破られ撃ち殺されたりしてるし(顔が印象的だっただけに余計びっくり)マフィアのサムはサムで何人も警察に送り込んでいたから、現状、警察とマフィアには互いのスパイが入り乱れていることになり、じゃあ目の前の警察が警察かマフィアかわかんねえじゃねえか。マフィアにも警察いっぱいいるしね。困ったものだよ。

そして善人になる事だけを夢見ていたヤンがマフィアの家系だったとはまた面白い。抜かりないハウも信じていた家族に裏切り者がいたとは。なんと怖ろしい(面白い)展開であろうか。
若きラウ(エディソン・チャン)がボスの妻に恋をしている、という設定も可愛くてよかった。以前これを観てた時は確かヤン役のショーン・ユーがいいと思ってたんだけど、その後、急遽私はエディソンファンになっちまったので、うん、やっぱりエディソンはいいね。こうして見返してみると非常に彼のよさが判ってくるものである。

私は本筋よりちょっと渋めのサイドストーリーなんかが凄く好きになったりするものなのだが、これもTよりUの方がなにやら面白く感じるのだった。

監督:アンドリュー・ラウ アラン・マック 出演: エディソン・チャン、ショーン・ユー、アンソニー・ウォン、エリック・ツァン、カリーナ・ラウ、フランシス・ン、チャップマン・トー、フー・ジュン、ロイ・チョン、リウ・カイチー
2003年香港

ラベル:警察 黒社会
posted by フェイユイ at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

「インファナル・アフェア」アンドリュー・ラウ 、 アラン・マック

インファナルアフェア.jpg

世の皆さんが「ディパーテッド」を楽しんでおられる今、「インファナル・アフェア」を再観しましたよ。

中文字幕も含め3度目か、この分野が苦手なせいか今回やっと内容がわかった気がする。
この作品はラウ(アンディ・ラウ)が主人公で元マフィアの若造が警察に侵入するわけだが、実際、辛いのは警察なのにマフィアに送り込まれ10年間悪事を働かなければいけなかったヤン(トニー・レオン)の方なんだ。結局、彼の一生というのはなんだったんだろう。名誉を戻して欲しいと言うことが彼の唯一の望みだったのだから。彼の方が悲劇的に思えるのにここではラウが主人公で永遠に続く地獄を味わうという事になっている。

スコセッシ・リメイクでは主人公のディカプリオがヤンの役。マット・デイモンがラウである。これはイメージ的には逆のような気がするのだが、それはそれでどうなるのか興味深い。
それからマフィアのボス対決。私としてはエリック・ツァンの応援をしたいところなんだけど。ニコルソンも好きなんだけどね。

監督:アンドリュー・ラウ アラン・マック 出演:アンディ・ラウ、トニー・レオン、 エディソン・チャン、ショーン・ユー、アンソニー・ウォン、エリック・ツァン、チャップマン・トー
2002年香港
ラベル:犯罪 黒社会 警察
posted by フェイユイ at 23:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

「恋する惑星(重慶森林)」王家衛

惑星.jpg

今、改めて観たら凄くいい映画なのだった。王家衛いいなあ。いつも同じ事言ってるけど。この辺の作品はシンプルで且つぐちゃぐちゃして物凄く好みである。

金城武くんが可愛いのであった。今もあんまり印象は変わらないんだけどこの頃は若いブンだけ滅茶苦茶にかわいい。
金城くんがこだわるのが0・5ミリ57時間後彼女に恋をするとか0・1ミリとかいう数字やエイプリルフールに失恋し5月1日の誕生日が賞味期限のパイン缶を30個集めること。名前だって刑事223号だし。トニーは633号だ。
フェイ・ウォンは「1年後の今日」という約束をしていた。
この数字や時間にこだわるのが王家衛の作品には多い。「2046」なんて数字がタイトルだし、作品の中でも数字が繰り返し出てきた。「欲望の翼」では「1960年4月16日、3時前の1分間、君は俺といた。この1分間を忘れない」とかレスリーが言ってたっけ。
こういった数字と時間にこだわるというのがもうすでに魔術にかかってしまいそうなんだけど、私は大雑把で女のくせに記念日なんかすぐ忘れてしまって相方に呆れられる。

可愛い顔で中国普通語、広東語、日本語、英語を話す金城武、謎の金髪美女ブリジッド・リン顎がすてき、ショート・ヘアがキュートでこの映画の中で一番印象的であろうフェイ・ウォン、警官姿でも甘い笑顔のトニー・レオン。とまあそういった魅力もいつもながら雑多で喧騒で強烈な香港そのものが感じさせる雰囲気がたまらないのだよ。(といっても他の国が舞台でも王家衛は王家衛だけどね)

フェイ・ウォンの「夢中人」ママス&パパスの「夢のカリフォルニア」がぐるぐる頭の中をまわっちゃうけどそういった陶酔感も含めて「重慶森林〜恋する惑星」はいい。どうしようもなくいい。

監督:王家衛 出演:金城武、ブリジット・リン、フェイ・ウォン、トニー・レオン
1994年香港
posted by フェイユイ at 23:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

星飛雄馬と一徹のコンビ再び!?

いつもはネットで探し物などなかなかできないのだが、さすがにお正月でちょっと閑アリ。
こんなもの見つけた。

星飛雄馬と一徹のコンビ再び! 香港映画のTVスポットで親子に!

といっても星飛雄馬と一徹の声優さんである古谷徹さんと加藤精三さんが香港映画「エレクション」(ジョニー・トー監督)のテレビスポットで声の共演になるということだそうで。
星飛雄馬と一徹をやってるわけではないが二人が父と子を演じているというのでどうしても「巨人の星」を彷彿としちゃうというわけ。面白そー。
CMオンエアは1月13日からということですね。

「エレクション」オフィシャルサイト
ラベル:家族
posted by フェイユイ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

「燃えよドラゴン」ブルース・リー

ドラゴン.jpg
ドラゴン2.jpg

もうブルース・リーを賛辞する言葉のバリエーションは残ってはいないだろうな。とにかく私の少女時代、男の子達の最高のカリスマ。最強のアイドルであった。
私はまあ女だったせいもあって当時はそれほど感銘はうけなかったが(勿論女性のファンもいただろうが、あんなに男の子達が真似をしてるスターと言うのはかつても今もいない気がする。みんなヌンチャクを持ってたんじゃなかろうか)(私はしばらく後で知ったジャッキー・チェンが好きだった)
テレビで何度もブルース・リーの映画は観てたけど今回改めて観てその素晴らしさに感動する。
特にこの「燃えよドラゴン」はその名主題曲とも相まって完璧なアクション映画である。

何と言ってもブルースの表情の豊かさに魅入られずにはおけない。アクションスターというと演技力はイマイチ、というようなイメージがあるかもしれないがブルースは違う。華やかなアクションだけでなくファン達が惹き込まれるのは心をすべて表しているその目と顔だ。
ある時は笑みをたたえゆったりとした精神を持っているように感じさせる。だが家族を殺された復讐を果たした時は深い悲しみが溢れる。
そこには優しさと厳しさを併せ持つある仏の姿にも見えないだろうか。

30年以上も前の映画であるがアクションシーンにおいては何の遜色もなくむしろこれ以上のものは以降作られてないのでは、と思わされる。
もし彼が現時代に登場し映画を撮るのなら悲しくなってしまう。現在のアクションものはすべてCGで無意味に塗りなおされてしまう。不必要な装飾を施されてしまう。
時にはおかしくさえ感じられるほどブルースが肉体を駆使して作りあげられたこの映画の美しさは失われてしまうだろう。

ブルースの戦いの場面はどれも名場面と評されていい壮絶なまでの美しさがある。
有名な鏡の中の戦いのシーンは心の恐怖を現し、途中で師の言葉が聞こえ活路を見出すなどまったく格闘技映画の真骨頂と言える。

以上多分何度も語りつくされ繰り返された言葉である。
とは言え、ブルース・リーの肉体を見てしまっては誰も黙ってはおれないだろうよと開き直ってみたりする私であった。

監督:ロバート・クローズ  出演:ブルース・リー 、ジョン・サクソン 、ジム・ケリー 、アーナ・カプリ 、アンジェラ・マオイン、ジャッキー・チェン (出ていたりする)
1973年香港・アメリカ
ラベル:アクション
posted by フェイユイ at 00:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

「ウィンターソング」(如果・愛)陳可辛

ウィンター.jpg

「如果・愛」が「パーハップスラブ」じゃなく「ウィンターソング」として11月日本公開されることになったのですねー。
確かに寒い冬のイメージの映画です。

で、見直してみましたが、やっぱりいい映画でした。幻想的で美しいロマンチックラブストーリーとして心に残る作品です。

特に北京でのスン(周迅)とリン(金城武)(名前がどう訳されるかわかんないけど(笑))の生活が貧しいがゆえに甘くてよいのですよ。
ラブストーリーで若い時のふたりは絶対貧しくなくちゃいけないね。
その貧しい感じが凄くいいんだよな(繰り返しただけだな)勿論クリストファー・ドイルが抜群に綺麗にとってるってのはあるけど雪の降る日、狭い部屋で恋人同士寄り添っているという世界ほど羨ましいものはないでしょ。

物語はチ・ジニを水先案内人として語られていく。過去を忘れてしまった女と彼女を愛する二人の男。
男と女の恋情はミュージカル映画と現実の間を交錯する。

「ふたりの人魚」でもそうでしたが周迅はこういういくつかの人格を表現するミステリアスな役が素晴らしいですね。
大柄な金城武の横にいるとよりか細さが強調されて可憐というよりないです。歯軋りも彼女だと妙に可愛らしく感じるから不思議。
迫力あるんですがいつまでも少女のような雰囲気の人です。
金城くんはまあほんとに可愛らしい男性ですねー。スンをずっと思い続ける役がまたいじらしい。帽子姿がキュートでした。
張学友さん、歌の上手さを見せ付けてます。周杰倫も言ってましたが、中華世界で好きな歌手って必ず張学友ってみんな言うような気がします。そのくらい人気の方なんですね。私はどうしても役者のイメージが強いですが。
チ・ジニ。やっぱ笑顔がいいですね。男性的魅力溢れております。

日本のオフィシャルサイトは「愛」と言うのを強調してるイメージですがあちらのは妖しい雰囲気があってそこが好きなんですけどね。
ちょっと見比べてください。


以前の記事「如果・愛(PERHAPS LOVE)」ピーター・チャン
posted by フェイユイ at 23:12| Comment(4) | TrackBack(3) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月09日

「トイレ、どこですか?」フルーツ・チャン

どこですか4.jpgどこですか2.jpg

こんなにも日本語字幕で早く観たいと思っていた映画はなかったのだ(笑)なぜ笑うのかよく判らないが。
なにせ「公衆便所」それも北京のそこで産み落とされた男が主人公であるというかなりめげる設定でしかもそのままトイレがテーマ、延々と排泄の話が続くのだ。こりゃ日本版DVDが出る可能性は低いかな、と。
それほど待っていたにも関わらず、というか一度中文字幕で観ていただけにそこらへんのホラー映画を観るより勇気がいったのだった。

北京の公衆便所で産み落とされ捨てられた主人公ドンドンは“お婆ちゃん”に拾われ育てられる。彼は名前の他に「便所の神」という呼び名で近所の者から呼ばれていた。
彼が19歳になった時お婆ちゃんが倒れ意識不明になってしまう。ドンドンはお婆ちゃんを救う為、奇跡の薬を探しに旅に出たのだった。

物語はこの「便所の神」ドンドンの他に韓国の青年(チャン・ヒョク)香港の殺し屋サム(サム・リー)などの話が加わりながら進んで行き、途中登場人物が絡みあっていく。

人間の身体が要求する事は色々あるだろう。食べる・寝る・セックスをするなどそういったことは映画でも必ず描写されるわけなんだけど(あと支配欲だの金銭欲だの)排泄というのはまあはっきり言って(特定の趣味の方を除いて)あまり見たくないわけで、日常皆行っているにも関わらず映像では映し出したりしないものだ。
香港のありのままの姿をさらけ出してきた陳果監督は香港に留まらず北京・韓国・インドでの排泄に関わる情景を生々しく映し出している(アメリカの描写もあるがこれは少し少ないかな)
それに加えて登場人物の身内あるいは自分が病気に侵され、それを救う為に旅立つのだ。

映像はいかにも陳果らしいどことなくファンタジー的な皮肉めいたものである。くすりと笑ってしまうところもいつもどおり。
ただいくつかの物語が錯綜する形で展開するので見るものが途方にくれてしまうのだ。それもいつもどおりだが。
最後の二人の老人の会話からも排泄が健康と深く関わっているということと健康が何より大切、命が大切なのだということなのだ。

それにしても観ている間、かなり緊張を強いられて健康に悪い。神経質なんだろうなあ。これじゃ中国にはいけませんね。外での排泄シーンなどは欧米の方にはNGなんだろうなあ。ふふふ。

ところでこの映画のDVDの表紙上に貼ってる左のが香港版で右のが日本版だが、日本版のは「えー」である。これではチャン・ヒョクは主人公みたいだ。私はチャン・ヒョクが凄く好きでこれも彼が出ていたのが観たい動機のひとつだったが(まあ出てなくても陳果だから観たけど)この主人公は安部力くんの方です。それに映画のイメージとしても香港版のほうでなければいけないでしょう。後のじゃなんだかチャン・ヒョクの学園ドラマみたいだもの。しかも黒髪!映画では金髪なのに。なぜだ?
「トイレどこだ」とガン飛ばしてんのもおかしい。とはいえ、映画中のチャン・ヒョクはすっごく可愛いです。
香港版の方のがなんだかメルヘンチックでしょ。

以前、書いた記事
フルーツ・チャン「パブリック・トイレット」3分の1

「トイレ、どこですか?」
ラベル:陳果
posted by フェイユイ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。