映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2010年06月09日

『ザ・デンジャラス・マインド』グレゴリー・J・リード

like_minds_ver2.jpglike_minds.jpgLike%20Minds_main.jpgimage.jpgeddiered.jpg3564535_tml.jpglike-minds-6.jpgtomsturridge061706.jpg
Like Minds

WOWOWの番組欄で何となくちらと見つけ何となく気になりながらも何となく忘れ何となく真夜中思いだして慌てて録画しようとしたが時すでに少し遅し。観たらなかなかの秀作で再放送あったらば前半も収録したい。

主人公アレックスを演じるのはかりっと硬そうな顔立ちが魅力的なエディ・レッドメイン。
良家の一人息子で母亡き後父親に大事に養育された。彼は寄宿学校の同級生ナイジェルの殺害容疑者として逮捕され留置所に入れられていた。
司法精神科医サリーは彼から事情を聴きだすよう依頼を受ける。
が、アレックスが語りだした内容は信じ難いものだった。
殺害されたナイジェルは自分とアレックスが「選ばれし者」でありかつて勇敢に戦った十字軍の血を引くものだと信じ二人は運命によって出会い一心同体なのだと真剣に説いた。が、アレックスがなびかなかった為。ナイジェルはアレックスの友人と好きな少女を殺害したのだ。しかもナイジェルは少女の遺体とアレックスが交わることが伝説にかなうことだと主張する。
ナイジェルはその後両親を死に追い詰め、その死にアレックスを巻き込んだ。絶望したアレックスは逃げ出すがナイジェルは銃を持って後を追う。そしてアレックスが銃をナイジェルに向けるよう仕向け引き金を引いたのだ。

すべての謎は解けた。が、サリーの元に一枚のトランプが届けられる。それは彼が十字軍である印だった。
伝説どおり彼の恋人の墓から頭部が奪い去られたことをサリーは知る。
ナイジェルと彼は一心同体になったのだ。
アレックスは恋人の頭部を鞄に入れ新しい仲間を見つける。

ありがちと言えばありがちな物語なのだが。
この前観た『オックスフォード連続殺人』もそうだけどイギリスってこういう小難しい論理から来るミステリーってのが大好きでやはり面白いのだよねえ。こういう分野だけは絶対止めずこじんまりと伝統を守って欲しい。
私自身こういうのは大好きだ。
静かで落ち着いた空気、上演される演劇の様子、厳格で古風な寄宿学校の中で起きる猟奇的でオカルトめいた殺人。そういった諸々が醸し出す雰囲気に酔う。

悪魔的なナイジェルもよかったし、彼に翻弄されるアレックスを演じたエディ、繊細で美しい。
これはDVDにもなってないんでWOWOWの再放送待つしかない。(他のとこでもいいけど)お願いします。

監督:グレゴリー・J・リード 出演:トニ・コレット エディ・レッドメイン トム・スターりッジ
2006年イギリス/オーストラリア

観れなかった。どうしても観たい〜!と言う方で字幕なしでよければこちらで。

続きもありますからご安心を→ここ
posted by フェイユイ at 22:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ルシアン・カー醒めやらず『そしてカバたちはタンクで茹で死に』

41PLJenC8HL.jpg

えーん。ベン・ウィショー『Kill Your Darlings』の映画製作が殆どもう絶望な中、ジャック・ケルアックとウィリアム・バロウズがルシアン・カーを描いた『And the Hippos Were Boiled in Their Tanks』の翻訳『そしてカバたちはタンクで茹で死に』がすでに出版されてたのね。

本屋にも殆どいくことがないので全く気付かず、今日図書館へ行ったら一番前に置かれてたんで飛び付いたのさ。
まだページをめくってみたくらいなのだが、ルシアンがどんなに魅惑的な若者だったかが描かれていて(作品中ではフィリップになっとるんですが)またまたベンがこれを演じていたなら、と悔やまれてならない。
あああ、どうにかならないのかねえ。
posted by フェイユイ at 19:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

『浮雲』成瀬巳喜男

naruseukigumo3ssss.gifnaruseukigumo4ssss.gif

これは面白い。ちょうど昨日観た『ヴィヨンの妻』の設定そのままでヒロインを佐知=妻から心中未遂の相手女性(広末涼子)に置き換えたような作品だった。

戦時中、仏印(ベトナム)の日本農林省の事務所にて。小説家ではないがいかにも文系な趣のある痩せ形二枚目富岡(森雅之)は女一人で赴任してきたゆき子(高峰秀子)と恋に落ちる。
富岡は内地(つまり日本)に妻子があったが、二人が帰国した後は結婚しようと約束する。
だが夫の帰りを待っていた妻を見て富岡は離婚の決意を鈍らせる。

原作は林芙美子だが、富岡の容姿も言動も女からのモテ方もまるで昨日の太宰治原作『ヴィヨンの妻』の大谷にそっくり。だが作品として違うのは昨日の作品が原作も監督も男性であるのに、こちらは監督は男性だが、原作・脚本は女性の手によるものなので色男の女への視線手管の描写が辛辣なのとやはりヒロインが男の理想的存在(ま、取り敢えず日本男性の)明るくて素直で忍耐強い佐知という妻でなく、絶えず嫉妬し続け、ねちねちと愚痴を言い続け、何かと言うと泣きだすゆき子という腐れ縁の恋人(愛人とも言い難い)に変わり、男にとってはかなり疲れる存在になっている。それでもことあるごとに女性との関わりが生まれる富岡なのである。大谷より働く気持ちはあるのだがさほど金を作る能力はない。
太宰原作にも関わらず、包容力のある前向きな佐知のおかげで希望のある作品となった『ヴィヨンの妻』に比べるとこちらの方が遥かに太宰的なようであった(太宰知らんのに言えないが)

『放浪記』に比べると驚くほど美人になった。外見的には眉の違いだけなのか。女優というのは凄い。高峰秀子演じるゆき子がりんとした姿で仏印の森の中に立つのが美しい。何度も何度も愛する富岡に裏切られ傷つきでもどうしても別れきれない。
富岡は酷い毒舌家なのだが、ゆき子の方もかなり富岡に言うことは言っている。富岡はそんなゆき子からの罵倒を受け流してしまう気質のようでこの二人は別れそうで別れきれずずるずると関係を続けていく。その間にも富岡の妻もあるし、二人が心中の話をする旅先で知り合った若い女性と富岡が突然恋仲になってしまったりもする。この若い女性おせい(岡田茉莉子)はむっとした顔で登場するのだが富岡は文字通り一目惚れで彼女と関係を持ちそのまま温泉に入るという早技を見せる。昨日の大谷なんぞまだまだ甘ちゃんだ。
その後も富岡の部屋に飲み屋の若い娘が勝手に座ってたりとゆき子の心は休まらない。
やっと富岡の妻も若い恋人おせいも死んで(って考えたらおっかないね)二人きりになれるとゆき子は富岡の新しい赴任先・屋久島へ同行する。ところが何と言う運命か、やっと夫婦のような生活ができることになった途端、ゆき子は奇妙な病気になってしまい毎日が雨のような湿気の多い屋久島で激しく咳きこみ命を落とす。今迄散々裏切り続けてきた富岡はここにきてゆき子を甲斐がいしく看病していたのだが仕事中にゆき子が死に、最期を見とりながら男泣きに泣き崩れるのだった。

恋愛物ってあまり観ないのだが、なんだか浮かれたものだとか、お涙頂戴ものだとかになるんだろうけど、これはこれでもかと苦い味のものだった。ゆき子も富岡も甘い言葉など殆どなくいつも互いを悪く言ってばかり。なのに別れきれない男女の仲。っていう奴ですな。
『放浪記』のふみ子に比べると自分的には拒否な話だがやはり監督も脚本も俳優も上手いせいか観てしまった。ここまで凄まじいと面白くなる。
高峰秀子はこの作品でも声も表情も殆ど暗いのだが、時折はっとするほど美しくなる。

そんなゆき子が途中結婚する相手がなんと彼女をほぼレイプしたかのような初体験をさせる男・伊庭杉夫(山形勲)なのだが、インチキ宗教家になって大金持ちになりゆき子と結婚して暫し裕福な暮らしをさせてくれるのだ。結局嫌な思いをするのが嫌だと言って逃げ出してくる。その後、病気になるのだが一体ゆき子は何故病気になってしまったんだろうか。不気味でもある。

監督:成瀬巳喜男
posted by フェイユイ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜』根岸吉太郎

599f752dc81a5ace75a5fa63020e87a1.jpgimg_85704_49053326_0.jpg

色んな生き方がある。どの生き方がいいのかは本人がこれでよし、と思うかってことなんだけど。

本作のヒロイン佐知は低きに水が流れるが如くの生き方で自分を主張せず運命に身を任せながらもその時その時を懸命に生きていく、という今ではちょっと珍しくなってしまった女性像だが、かつての日本女性の典型というか少なくとも理想の女性だった。しかも夫である大谷が言うように「何を考えているのか判らない。何か隠していることがある」不気味さ、言いかえればミステリアスもある。且つ器量がよくて明るい気性なら佐知のような3人の男から菩薩のように思慕される。
咥えるに佐知はややエキセントリックでもある。結構なにを言いだすかなにをやり始めるか判らない。始め辻を好いてていきなり大谷と結婚してしまう。突然居酒屋に押し掛けて働きだし店の看板娘(既婚子持ちでありつつ)になってしまう。夫を助ける為、弁護士・辻と「大谷に言えないようなこと」をやってしまおうと町のコールガールからルージュを買ったりする、風変わりな女性でもある。
何事にも抵抗せず、自由気ままにふるまっている。

比較してしまうのが先日観た成瀬巳喜男監督『放浪記』のふみ子である。彼女は運命にも男にも絶えず挑みかかり戦い続け傷つき苦悩する。佐知と違って男からも女からも嫌われる確率が高そうだ。反面強く支持されもしそうな女性である。
できるなら佐知のような生き方の方が本人も周囲の人間も傷つかずしんなりと暮らしていけそうだ。だからこそこういう素直な女性を鑑とする価値観が日本にあるのだろうが、そういう生き方にどこか反発していったからこそふみ子のような女性の生き方を目指す時世になったんだろう。反発する、というのはもっと自己を出したい、ということだ。佐知のように男に添って生きるだけの生き方に疑問を持ったのがふみ子の生き方なのだが、男や運命に反抗し生きることはやはり傷つき疲れることになるのだ。
佐知のようにしなやかに抵抗せず生きるのとふみ子のように文句をぶちまけながら戦い血を流して生きるのとどちらを選ぶかはその人それぞれである。とは言え、普通の女性ならその二つの折り合いをつけながらしたたかに生きていってるんではなかろうか。
私自身は佐知のような生き方をしながらふみ子のような生き方でありたいと願っている。

さて本作の出演者については、浅野忠信の大谷は彼のこれまでの役の中でも際立った演技だと思う。情けない男でありながら女がすぐ惚れてしまう色男を感じさせる。
佐知の松たか子。私は彼女の顔はTVで見るのだが、演技というのは映画として初めて観るようだ。佐知が夫の犯罪を居酒屋夫婦から聞かされ笑うという箇所が最初にあり夫婦もつられて笑うのだが、これは相当難しい演技になる。実を言うと松たか子のこの笑いが納得いかず一度観るのを止めてしまったのだ。2度目観て難しいのだろうと我慢したが終始彼女の佐知というのが私にはしっくり感受できなかった。
工員の妻夫木聡も弁護士の堤真一もいいとは思えなかったので私には合わない映画だったのだ。浅野だけがいいと思えるのも困ってしまう。
広末という人もほぼ初めての気がするが、彼女は良かったし、綺麗だった。心中未遂後、広末演じる女が佐知に会って「ふふん」という顔をするのが好きに思えたのは私が佐知が嫌いだからなんだろう。

戦う女性より癒しの女性を求めるのはいた仕方ないかもしれないが私は反抗してみたい。

佐知が万引きで捕まった場面に新井浩文がちょこっと出てたよ。

監督:根岸吉太郎 出演:松たか子 浅野忠信 室井滋 伊武雅刀 広末涼子 妻夫木聡 堤真一 光石研 山本未來 鈴木卓爾 新井浩文
2009年 / 日本
タグ:人生 女性
posted by フェイユイ at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

中田英寿×本田圭佑 対談

中田英寿と本田圭佑の対談がTVで放送されると聞いて楽しみにしてたのに耄碌して忘れとった。
こういう時はもーYouTube頼みで観させていただきました。

うんうんいやー思った以上に楽しかった。二人とも凄く話すことがある人たちなんで。本田君はさすがに若いしヒデさん相手にちょい興奮気味で眼がきらきらして可愛かった。中田はまーもーいつも通り落ち着いててでも何だか嬉しそうだったなあ。笑顔出っぱなし。昔風で言えば自己チュー対談なんだけどヒデのいうことは素晴らしく正論ばかりで本田君にはますますワガママぶりを発揮してくれることを願うばかりですね。
この前の本番前の3試合でもそれほど爆発はできなかったかな。トゥーリオにしてやられてましたしね。大久保の方がなんか見えてた気がするし。
でもやっぱ本田圭佑のこの感じ凄く好きなんでワールドカップメチャ楽しみ。
中田も南ア共和国行くのだけど充分気をください。ほんとに危ないみたいなんで。

ヒデはやっぱ本田のこと憎からず思ってるわけですよね、これって。
タグ:サッカー
posted by フェイユイ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今回は『鬼龍院花子の生涯』

毎日、性懲りもなく書き続けている拙ブログ、最近はアクセスほぼ500〜600していただけて有難い限りなのだが、つい先日から『鬼龍院花子の生涯』五社英雄、にアクセスが集まり、昨日は1240という(多分)初めての記録となった。
以前突然こういう状態になった時は出演女優の一人が当時話題になったという原因だったのだが、今回も?
判らないが、時々こういうハプニングが起きるのがおもしろいのだよね。
posted by フェイユイ at 10:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

『ベジャール、そしてバレエはつづく』アランチャ・アギーレ

2010010820EFBE8DEFBE9EEFBDBCEFBE9EEFBDACEFBDB0EFBE99E698A0E794BB1.jpgbC3A9jart001.jpg091213_bejart_main.jpg8371.jpgd0117645_1123245.jpg
Le Coeur et Le Courage, Bejart Ballet Lausanne

バレエの歴史の中で偉大な存在であるモーリス・ベジャール亡き後、彼に選ばれて後継者となったジル・ロマンが自らの振付である『アリア』の公演までの苦悩を観る。

モーリス・ベジャールが「彼がいかに自分に近いか」と表現して導いたジル・ロマンが彼の後継者という重責を負う誓いを立てる。
ベジャールが主宰していたバレエ団はスイスのローザンヌにあり「ベジャール・バレエ・ローザンヌ」と言う名前で「BBL」と呼ばれている。
このバレエ団には様々な出資者があるが主にローザンヌの町自体がバレエ団を支えているというのが凄い。タクシーの運転士もベジャールとその後継者ロマンに一家言あるほど愛されている、というわけだ。
べジャールはロマンやダンサーたちに「過去を振り向かず、未来を観る」ことを要求する。ベジャールの振付だけを繰り返すのではなく常に前進することを求めるのだ。
それでもベジャールに教えられ彼に畏敬の念を持っているダンサーたちは舞台にも練習場にもベジャールの存在を感じている。もしかしたら本当に彼の霊がまだそこにいるのかもしれない。
この映像では「彼の死後1年」と言っているからまだまだ彼らの脳裏にベジャールの残像があるのだ。
そんな中でジル・ロマンは彼への誓い通り前進する為に新しい振付を構築しダンサーたちに厳しい要求をする。ダンサーたちが過酷な訓練に耐え新しい舞台を成功させたのはひたすらベジャール・バレエへの情熱なのだろう。

映像にはロマンとダンサーたちの練習風景、ベジャールへの尊敬と感謝の言葉、そしてかつてのダンサーたちのバレエも再現される。
ジョルグ・ドンの『ボレロ』やショナ・ミルクが観れるのも嬉しい。日本人ダンサー那須野圭右の若々しい「恋する兵士」の踊りもチャーミングだった。
世界中の様々な人種を集めたかのようでいて且つ美男美女揃いである。

監督:アランチャ・アギーレ 出演:モーリス・ベジャール ジル・ロマン ジョルジュ・ドン ジャン=クリストフ・マイヨー エリザベット・ロス ショナ・ミルク モーリス・ベジャール・バレエ団員
2009年 / スペイン
タグ:バレエ
posted by フェイユイ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

『マジック』リチャード・アッテンボロー

Magic-Anthony-Hopkins-NEW-DVD4.jpg
MAGIC

内気な青年コーキーは小さなレストランでマジックを見せる芸人だが誰からも注目されることがない。
が、腹話術人形ファッツと相棒になってからは人格が変わったかのように巧みな話術で客を惹きつけTV局でのショーをマネージャーから持ち込まれるまでになる。
だがその為には身体検査が必要だと聞いた途端、コーキーは生まれ育った故郷に逃げてしまうのだった。

昔むかし観て以来の久しぶりの観賞だった。こういうサイコ的な話は好きなのだが、昔観た時何故マネージャーがコーキーとファッツが話しているのを観て「お前は狂っている」と思ったのかが疑問だった。芸人なら自分の部屋でも練習するのは当然だろうしむしろ熱心だと褒めてもいいくらいだしマネージャーとしては彼がおかしかろうが観客に受けて金が儲かれば万々歳なわけでノリノリで練習して見事な腹話術をやってる彼を観て失望するわけはないと思ったし、今もそう思うのだがねえ。身体検査でそういうのが異常だとか判明するのか。腹話術師の皆さんはほぼこういうタイプじゃないのかなと以前も今も思うのである。
ただこれはマネージャーから見た感想で恋人だったら話は別だ。この時点でコーキーの恋人になるペグはファッツの話を喜んでいるがもし二人が本当に暮らすようになってしょっちゅうこの調子だったらきっと苛立つこと間違いなし。恋人とマネージャーの感想が逆ではないかと思うのだ。

そういう自分的にはしっくりいかない部分もあるのだけどさすがにアンソニー・ホプキンスの演技には見入ってしまう。人形ファッツ君の演技にも恐れ入る。ペグの亭主をじっと見る目つきはどう見ても本物みたいだった。アンソニーが離れたのに一度瞬きをする場面があったのだが、あれは一体どういうことだったんだろう。本当に魂が入ったのかと驚いた。

コーキーは内気な青年という設定だが売れなかったマジックの席でも好きなペグの前でも突然激昂するような、やはりどこか切れてしまう異常性がある。アンソニー・ホプキンスはそんな内気さと激しさが混じり合うコーキーの人格そしてファッツの人格までも巧みに演じていく。
コーキーがファッツに「お前がいないと何もできない」と言いファッツは君は一人でやっていたんだ、と答える。その通りなのだがそれはやはりファッツという別の顔を通さなければ表現できないものだったのだ。

ペグを演じているアン・マーグレットが綺麗だ。コーキーのマネージャーにバージェス・メレディス。ロッキーのトレーナー役のイメージが強いあの人だ。

監督:リチャード・アッテンボロー 出演:アンソニー・ホプキンス アン・マーグレット バージェス・メレディス エド・ローター ジェリー・ハウザー デビッド・オグデン・スティアーズ E・J・アンドレ
1978年アメリカ
posted by フェイユイ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『アンナと過ごした4日間』イエジ・スコリモフスキ

Cztery_noce_Anna_noce_2775205.jpg12490.jpg21544_15.jpg117988_1.jpg
cztery noce z anną

お婆ちゃんと二人住まいの内気な中年男がレイプ嫌疑をかけられ投獄。出所してからその原因である女性アンナの部屋へ四晩通いつめ再び侵入・泥棒・レイプ未遂(?)の嫌疑で投獄される。再再度出所した男は再再度女性の元へ急ぐが。

主人公台詞字幕が「婆ちゃん」ってなった時、主人公も「ばあちゃん」って言ったんで驚く。ポーランド語も「婆ちゃん」は「ばあちゃん」?実は「バブチャ」であった。へえー。

圧倒されるほど徹底して暗く重い背景が美しい。どの場面を観ても飾られた絵画のようだ。時系列が入り乱れ台詞は殆どなくやや精神を病みもしかしたら知能にも不安がありそうなみすぼらしい中年男が主人公である。その男が「愛」を感じる女性は時の経過とともに年齢も重ねたように見えたが男はずっと中年男としか見えなかった。
時系列がシャッフルされているので混乱するが出所後に病院の焼却炉で働いている為酷い臭いと手の汚れが沁み込んでしまっている。
その男が愛してしまう女性も病院で働く看護師であり男が四晩を過ごす頃には顔にも疲労と年齢が深く刻まれている。
イェジ・スコリモフスキーという名前すら知らなったのだが、緻密に組み立てられた素晴らしい作品だ。重厚でありながらユーモアが隠されている。この感じはロマン・ポランスキーにもつながる気がするが、なるほど1962年『水の中のナイフ』でスコリモフスキーが脚本、ポランスキー監督なのだった。
日本男性の起こした事件がヒントになったという本作は、確かに監督の冷静な目で作られているようだ。
内気な為ストーカー行為に及ぶレオンに対し、甘ったるい救いを与えたりはしない。出所後彼は別に泥棒の嫌疑をかけられ(それがヒントで彼は指輪を贈るのだろうけど)冤罪であるレイプ事件についても侵入についてもアンナは「あなたは犯人ではないけど」と承知した上で指輪を返し二度と会わない、と告げる。
最後思いつめたようにアンナの家に向かって急ぐレオンの目の前に高い塀がそびえ立ちアンナの家に近づくことも覗くこともできなくなっていた、というこのラストは辛辣で何となく監督の意地悪な笑い声が聞こえるようだ。私もつい笑ってしまったんだけど、鬼か。

この冷たい笑いについ司馬遼太郎氏の『人斬り以蔵』を思い出してしまう。全然話は違うのだが、あの小説において司馬氏は珍しく主人公を嫌っている。あまりにも醜く惨めに蔑まれた以蔵の描写なのだ。
あれほど嫌っているわけではないが本作のレオンの描き方も情け容赦なく悲哀に満ちている。一途に愛しても見返りすらない。(これは以蔵が武市を思う気持ちと似てるなあ)
以蔵を読んでいると虫唾が走るのにも関わらず武市への一途さに惹かれ何度も読み返してしまう。レオンもやはり気持ち悪いのだが何故か見入ってしまうのだ。

真夜中のヘリコプターの場面(といってもヘリは映っておらず音と風と光でそう感じる)が印象的だった。

監督:イエジ・スコリモフスキ 出演:アルトゥル・ステランコ キンガ・プレイス イエジー・フェドロヴィチ バルバラ・コウォジェイスカ

2008年ポーランド/フランス
posted by フェイユイ at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

これがサッカーだ!至上のキス

1275654224_4bccdc6f813a3.jpg

いつも楽しみに観てるロシアのサイトのモノですが「ワールドカップ」直前ゲイ的視線ということでしょうか。
ちょっと全部出してしまうのは恥ずかしいので下をこっそり見てください。上の写真も大きくなりまする。

Вот это футбол!=This is football!

記事タイトルは本当は『これがフットボールだ!』とすべきですが、日本語ではピンと来ないだろうということで。でもそうすると違うものが幾つかあるのでまた困るなあ。

さて今夜のサッカー、日本対コートジボワール戦残念だったですね。私は前半だけ観てました。何故なら本田が後半出なかったんで。
で、今回のワールドカップは日本では熱が低いようですが、私は前回より余計観ようかなと思っとります。
何故なら南アフリカ共和国主催というのが非常に興味深いのと本田圭祐が好きだからです。以前は中田姐さん好きでさ。同じタイプだな。
タグ:同性愛 写真
posted by フェイユイ at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。